イベント


第8回 芸術教養領域公開講座「リベラルアーツ× X」にて、小森はるか+瀬尾夏美 氏の講演「リベラルアーツ×震災×協働」(2019年6月30日)

芸術大学にとって、リベラルアーツ(教養)とは、なんなのでしょう。「音楽」や「幾何」が、古代から中世を通して自由七学芸に位置づけられていることを踏まえるなら、芸術はリベラルアーツの重要な一部でした。そして今もそうであるとの思いから、芸術教養領域では、今日のリベラルアーツをあらためて問うべく、2017年度からシリーズ公開講座「リベラルアーツ x X」(リベラルアーツかけるエックス) を開催しています。教養と何か (X) をつなぐ、教養を何かで読み解く、あるいは何かをもって教養に切り込む、そんな試みです。各界で活躍する方を講師にお招きし、それぞれの分野・テーマを教養とかけあわせてみるとき、そこには何が生まれてくるでしょうか。

 

第8回目となる今回は、アーティストユニット 小森はるか+瀬尾夏美 氏に講演いただきます。同時に、お二人の映像作品「二重のまち/交代地のうたを編む」も上映!

 

小森はるか+瀬尾夏美 公開講座「リベラルアーツ × 震災 × 協働

■日時:2019年6月30日(日)15:00-18:30

■会場:アートラボあいち

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目4-13 愛知県庁大津橋分室2階-3階
Tel & Fax: 052-961-6633
Email: ala@aichitriennale.jp

http://aichitriennale.jp/ala/index.html

■アクセス:

地下鉄名城線「市役所」4番出口より徒歩5分
地下鉄桜通線・名城線「久屋大通」1番出口より徒歩8分

■主催:名古屋芸術大学、あいちトリエンナーレ実行委員会
■企画:名古屋芸術大学 芸術教養領域、リベラルアーツ総合研究所

■入場:無料、予約不要

■問い合わせ:

リベラルアーツインフォメーションセンター
Tel & Fax: 0568-22-0123
Email: nua_la@nua.ac.jp
https://www.nua-la.jp

■小森はるか+瀬尾夏美

映像作家の小森と画家で作家の瀬尾によるアーティストユニット。2011年3月、ともに東北沿岸へボランティアに行ったことをきっかけにして活動開始。2012年より3年間、岩手県陸前高田市に暮らしながら制作に取り組む。2015年、東北各地で活動する仲間とともに、土地と協働しながら記録をつくる組織、一般社団法人NOOK(のおく)を設立し、仙台に拠点を移す。現在も陸前高田での制作と対話の場づくりを活動の軸にしながら、全国各地へ赴き巡回展を開催。

 

■「二重のまち/交代地のうたを編む」

2019年/80分予定/小森はるか+瀬尾夏美

新しいまちの姿が見え始め、かつてのまちの面影が徐々に遠ざかりつつある陸前高田で行った、まちの人たちと遠くの土地からやってきた旅人が出会い、会話を重ね、風景を共有するための仮設的な場をつくるプロジェクト。旅人たちはこの土地で編まれた物語「二重のまち」の朗読を通じて、15日間の滞在で見聞きし、思考したことを発話しようと試みる。ちいさな”継承”の始まりを記録した映像作品。

 

これまで開催の「リベラルアーツ × X」については、こちらをご覧ください。

 

第8回「リベラルアーツ × X」のチラシは、こちらからダウンロードできます↓

ダウンロード
リベラルアーツ×X 第8回.pdf
PDFファイル 1.3 MB


リベラルアーツコース7月のオープンキャンパス開催!(2019年7月7日)

昨年度の相談コーナー

カフェコーナー


名古屋芸術大学 芸術教養領域 リベラルアーツコースでは、大学の雰囲気を体験してもらい、入試や入学後のカリキュラムについての疑問にお答えするため、7・8・3月にオープンキャンパスを開催します。

2019年度7月のオープンキャンパスでは、下記のワークショップや相談コーナーを開催します。みなさまぜひ遊びに来てください (^_^)♪

 

■日時:2019年7月7日(日) 10:00-16:00

■場所:名古屋芸術大学 東キャンパス *芸術教養レビュー鑑賞のみ、西キャンパス

 

「眼で見る詩を描こう」11:15-12:30【東キャンパス LAC(3号館前はなれ)】

みなさんが日ごろ買ったり、見たり読んだりしている雑誌には、イメージや文字があふれています。それらを切り抜いて、組み合わせ、眼で見る詩を描きます。自分の世界を表現するのもいいし、絵で何かを説明してみるのも楽しいですね。

「動物の声からスマホの通知音をつくってみよう」14:00-15:30【東キャンパス1号館5階 505教室】

動物の鳴き声と電子音をミックスし、デジタル処理して、スマートフォンの通知音をつくってみましょう!制作に先立ち、動物の音声やその機能、動物の聴覚の種差など、動物の鳴き声に関するレクチャーや、音の基礎知識とデジタル音声処理についてのレクチャーも聴けます。

「相談コーナー」10:30-16:00 随時【東キャンパス2号館ロビー】

相談コーナー、進路のこと、入学後のカリキュラムのこと、なんでも気軽に相談いただけます。領域の教員はもちろん、先輩学生にアドバイスをもらうこともできます。カフェのようなおしゃれな空間で、リラックスして「芸術教養」「リベラルアーツ」の説明を聴いてください。

「芸術教養レビュー」第2回展 10:30-16:00 随時【西キャンパス A&Dセンター】 

芸術教養領域の1-3年生が実技などの授業でつくった作品を鑑賞できます。大学でどんな授業を受けてるのか、どんな活動ができるのか、いち早く覗いてみましょう。同時に芸術教養領域の紹介コーナーも設け、アートと教養を幅広く学ぶ領域の特色について、パネルで分かりやすく説明します。担当者がいますので、より詳しく知りたい方はお気軽に声を掛けてください。

 

これまでのオープンキャンパスの様子と、今後の日程については、こちらをごらんください

「眼で見る詩を書こう」昨年度の制作風景

「スマホの通知音」昨年度の制作風景



茂登山清文先生が「中川運河×アートで彩るまちづくり」で講演会(2019年7月20日)

 

中川運河の魅力をアートで高めることを目指す助成制度ARToC10。7年目を迎える今年は、芸術教養領域リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか担当)が、「水辺・アート・まちづくり」をキーワードにした講演会「中川運河×アートで彩るまちづくり」を行います。

また、他にも様々なアートプログラムが開催され、芸術教養領域(「サウンドリテラシー」担当)、デザイン領域 非常勤講師の日栄一真先生企画のイベント「マグネシウム電池で光る電子植物づくり」も開催されます。

ぜひお越しください!

 

講演会「中川運河×アートで彩るまちづくり」

■日時:2019年7月20日(土) 14:30-16:30(14:00受付開始)

■講師:茂登山 清文 氏

名古屋芸術大学芸術学部 芸術教養領域  教授

中川運河再生文化芸術活動助成選考委員

■会場:名古屋都市センター11階ホール

■お問い合わせ・申し込み:ページ下部のボタンからチラシをダウンロードください。

 

ワークショップ:マグネシウム電池で光る電子植物づくり

■日時:2019年7月23日(火) ①10:30-11:30  ②14:00-15:00

■会場:名古屋都市センター11階ホール

■対象:小学3年生以上

■参加費:500円

■お問い合わせ・申し込み:ページ下部のボタンからチラシをダウンロードください。

 

チラシはこちらからダウンロードください↓

ダウンロード
中川運河 × アート.pdf
PDFファイル 838.5 KB


港まちエリアでアーティストやデザイナーの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5」を開催(2019年6月22日-8月24日)

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

今回、Minatomachi POTLUCK BUILDING 3Fで6-8月の2ヶ月間、港まちエリアでアーティストやデザイナーの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5」を開催。5回目となる今回、アーティストやデザイナー、3名が港まちに滞在します。普段見ることのできない制作現場や滞在中に制作された作品などを公開するオープンスタジオ、トークイベント、ワークショップなどを開催します。

 

MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5

■開催日:2019年6月22日(土)-8月24日(土)

■会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F: Exhibition Space

■企画:Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会

■参加作家

青崎伸孝 / Nobutaka Aozaki(アーティスト)

阿部航太 / Kota Abe(デザイナー、文化人類学専攻)

蓮沼昌宏 / Masahiro Hasunuma(アーティスト、記録写真家)

 

スタジオ滞在期間:2019年6月22日(土)-7月26日(金)

■公開日:スタジオ滞在期間中の金曜、土曜

*公開日以外は非公開です

■公開時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■入場:無料

 

オープンスタジオ期間:2019年7月27日(土)-8月24日(土)

■時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■休館日:日曜、月曜

■入場:無料

オープンスタジオ期間にトークイベントやワークショップを開催します。詳細が決まり次第、お知らせします。

詳しくはこちら

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)



過去のイベントは、こちらをご覧ください: