イベント


北名古屋市回想法センター作品展「みんながつくったもの。」展開催(2021年4月15日-27日)

「北名古屋市回想法センター」は、名古屋芸術大学と同じ北名古屋市にあり、全国に先駆けて「地域回想法」に取り組んでいる、とき・ひと・地域を結びつける場所です。

芸術教養領域の松村淳子先生と茂登山清文先生が担当する「プロジェクト2」では、2020年度の授業として、センターを舞台に、課題の発見から、解決案としてプロジェクトを提案することまで試みました。授業で生まれたつながりを継続させるとともに、センターの活動を若者世代にも伝えていくことを目指し、センターの「地域回想法」に参加している「みんな」の作品を紹介する展覧会を開催します。

展覧会では、「プロジェクト2」で学生が提案したプロジェクトも紹介します。いくつになっても高い制作意欲を持ち、日々楽しんで活動している「みんな」の作品とともに、ぜひご高覧ください。

 

「みんながつくったもの。」展

■日時:2021年4月15日(木)-4月27日(火)  10:00-17:00

*日曜・祝日休み

*最終日15:00まで 

■会場:名古屋芸術大学 東キャンパス Art & Design Center East

徳重・名古屋芸大駅から東へ徒歩8分

■入場:無料 

■企画:松村淳子(名古屋芸術大学 芸術教養領域 講師)

■協力:北名古屋回想法センター「いきいき隊」のみなさん

■主催:名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 芸術教養領域

■問合せ: j-matumura@gmai.com(松村研究室)

 

「みんながつくったもの。」展のフライヤーはこちら↓

ダウンロード
回想法展フライヤー.pdf
PDFファイル 1.2 MB


芸術教養領域助手 中森信福さんが、石原貴洋監督最新作『大阪闇金』で音楽担当!(2021年4月公開)

『大阪闇金』の一場面

芸術教養領域助手の中森信福さんが、『大阪外道』『大阪蛇道』『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋監督の新作映画『大阪闇金』で音楽を担当しました!

 

『大阪闇金』は、大阪・西成を舞台に、コロナ禍の2021年日本を現在進行形で捉えたハードボイルド作品。傷害事件で刑務所に2年入っていた杉村春生(柾木玲弥)は、闇金業者の新入社員として働くことに。裏社会に顔の広いベテラン社員・酒井良夫(中野英雄)と共に成長していく…。

4月10日より、東京の池袋シネマ・ロサほかで公開。

中森さんは、石原監督の前作『大阪少女』でも音楽を担当しました!

 

■中森信福さんコメント:

前作『大阪少女』のハッピーな世界観とは一転、今作は哀しみ・絶望のダークサウンド全開で臨みました。石原貴洋監督の描く異色の大阪ワールドをお楽しみください。

 

石原貴洋公式サイトはこちら:

https://ishihara-movie.com

『大阪闇金』についての記事はこちらでもご覧になれます:

https://natalie.mu/eiga/news/415732



過去のイベントは、こちらをご覧ください: