イベント


芸術教養領域公開講座「リベラルアーツ×X」を開催(次回は2019年2月24日)

 

芸術大学にとって、リベラルアーツ(教養)とは、なんなのでしょう。「音楽」や「幾何」が、古代から中世を通して、自由七学芸にも位置づけられていることを踏まえるなら、芸術はリベラルアーツの重要な一部でした。そして今もそうであるとの思いから、名古屋芸術大学では、2017年度より芸術学部に新しく芸術教養領域を創設しました。この公開講座は、今日のリベラルアーツをあらためて問うべく、「リベラルアーツ x X」(リベラルアーツかけるエックス)との題で、昨年に引き続き、開催されます。教養と何か(X)をつなぐ、教養を何かで読み解く、あるいは何かをもって教養に切り込む、そんな試みです。各界で活躍する方を講師にお招きし、それぞれの分野・テーマを教養とかけあわせてみるとき、そこには何が生まれてくるでしょうか。

 

■第4回(終了しました):2018年7月21日[土]15:00-17:00

安原雅之氏(名古屋芸術大学 芸術教養領域 非常勤講師 / 愛知県立芸術大学 音楽学部教授)

「1931(昭和6)年の名古屋におけるテルミン:リベラルアーツ × 電子楽器

 

■第5回(終了しました):2018年12月9日[日]15:00-17:00

橋本麻里氏(名古屋芸術大学 芸術教養領域 2018年度特別客員教授 / 永青文庫副館長)

「桃山ー美と戦いの世紀:リベラルアーツ × 美術史」

 

■第6回:2019年2月24日[日]15:00-17:00 (台風24号のため9月30日の予定から変更)◀次回!

温又柔氏(小説家)「リベラルアーツ × 複(福?)言語」

 

■会場:アートラボあいち
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目4-13 愛知県庁大津橋分室2階-3階
Tel & Fax: 052-961-6633
Email: ala@aichitriennale.jp

http://aichitriennale.jp/ala/index.html
■アクセス:

地下鉄名城線「市役所」4番出口より徒歩5分
地下鉄桜通線・名城線「久屋大通」1番出口より徒歩8分
■主催:名古屋芸術大学、あいちトリエンナーレ実行委員会
■企画:名古屋芸術大学 芸術教養領域、リベラルアーツ総合研究所

■入場:無料、予約不要

■問い合わせ:
リベラルアーツインフォメーションセンター
Tel & Fax: 0568-22-0123
Email: nua_la@nua.ac.jp
https://www.nua-la.jp

あいちトリエンナーレ実行委員会事務局

Tel: 052-971-6127
Fax: 052-971-6115
Email: triennale@pref.aichi.lg.jp
http://aichitriennale.jp/

公開講座「リベラルアーツ×X」のチラシはこちら↓

ダウンロード
公開講座チラシ.pdf
PDFファイル 325.0 KB


卒展・修了展関連企画の「ア”ーッ!ラジオ」で「チーム芸教」がリポート番組放送!(2019年2月28日)

2019年2月16日から3月3日まで、名古屋芸術大学 卒業制作展ならびに名古屋芸術大学大学院 修了制作展が行われます。

それに伴い、東西キャンパスでさまざまな関連企画を開催!

その1つとして、美術領域洋画コースと「仮設」—構想領域研究室が企画・制作したラジオプロジェクト「ア”ーッ!ラジオ」に、芸術教養領域の学生も参加します。

参加するのは、芸術教養領域リベラルアーツコースの津田佳紀先生らが担当する「アートプロジェクト1」の履修学生。「チーム芸教」として、卒制スタンプラリーや学内インスタ映えスポットについてのリポート番組をお送りします。

 

■放送:2019年2月28日(木)10:00-11:00

■聴き方:名古屋芸術大学アート&デザインセンターで聴けるほか、下記のWEBサイトでも聴くことができます↓

http://aaartsradio2019.creatorlink.net

 

卒業制作展・修了制作展について、詳しくはこちら↓

https://meigei-sotsuten.jp

 

「ア”ーッ!ラジオ」のチラシはこちらから↓

ダウンロード
ア”ーッ!ラジオ2019.pdf
PDFファイル 17.6 MB


リベラルアーツコース3月のオープンキャンパス開催!(2019年3月2日)

「相談コーナー/カフェコーナー」先輩がお茶でおもてなししてくれます

■日時:2019年3月2日(土) 10:00-16:00

■場所:名古屋芸術大学 東キャンパス LAC(3号館前はなれ)、調理室(1号館地下1階)

*領域紹介ブース・相談コーナーのみ西キャンパス体育館でも開催

 

名古屋芸術大学 芸術教養領域 リベラルアーツコースでは、大学の雰囲気を体験してもらい、入試や入学後のカリキュラムについての疑問にお答えするため、6月からほぼ毎月オープンキャンパスを開催しています。

2018年度7回目のオープンキャンパスでは、下記のワークショップや相談コーナーを開催。みなさまぜひ遊びに来てください!

 

「異文化を味わう」11:00-13:00 調理室(1号館地下1階)

様々な国の料理を一緒に作って、美味しく食べましょう。今回は肉まんと蒸し餃子です。本場の食材で作る本格中華を作って味わいましょう。

「"ヴィジュアル"缶バッヂ」10:00-16:00 随時 LAC(3号館前はなれ)

自分で撮影した写真を使って自分だけのオリジナル缶バッヂを作りましょう。

「相談コーナー/カフェコーナー」10:00-16:00 随時 LAC(3号館前はなれ)

カフェのようなおしゃれな空間で、進路のこと、入学後のカリキュラムのこと、なんでも気軽にご相談ください。

 

これまでのオープンキャンパスについては、こちらもごらんください



港まちポットラックビルで展覧会「絵画の何か」開催!会期中に秋庭史典先生の座談会も(2019年1月22日-3月16日)

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

これまで2015年、2017年に開催してきた展覧会/トークシリーズ「絵画の何か」。今回は第3弾として、愛知を拠点とし、画家として、教育者として、それぞれの活動を展開してきた設楽知昭、秋吉風人の作品を個展形式で紹介します。

また会期中にはトークなどのイベントを開催し、同じくリベラルアーツコースの秋庭史典先生(「芸術と科学」担当)が参加する「おおぎり」の公開座談会も開かれます。

 

MAT Exhibition vol.7「絵画の何か Part3 /Something of Painting Part3」

■会期

[前期]設楽知昭|2019年1月22日(火)-2月16日(土)

[後期]秋吉風人|2019年2月19日(火)-3月16日(土)

■休館日:日曜・月曜・祝日

■開館時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■会場:港まちポットラックビルディング 3F

■企画:佐藤克久/Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会

■協力:不忍画廊、Standing Pine、TARO NASU

 

会期中のイベント

ポットラック・パーティー

アーティストを囲んでのオープニングパーティーを開催します。持ち寄り歓迎。どなたでもご参加いただけます。

■日時:2019年1月26日(土) 19:00-

 

トークシリーズ「絵画の夕べ」Talking about Painting

愛知県立芸術大学で教鞭を執る設楽知昭と、美学を専門にする秋庭史典が話し手となり、2011年より研究室内で不定期開催していた座談会「オオギリ」。今回は本展にあわせ、一般公開します。

■日時:1月26日(土) 17:00-19:00

■スピーカー:秋庭史典(美学者/名古屋大学准教授・名古屋芸術大学非常勤講師)、設楽知昭

■定員:30名(予約不要)

 

詳しくはこちら:http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/4667.html

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)


港まちポットラックビルで「み(ん)なとまちでなにする?展」開催!会期中に「POTLUCK SCHOOL 学区連絡協議会がやるべきことは何か?」も(2019年1月26日-3月16日)

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

 今回は、港まちのこれからのビジョンにあなたも一緒に関わりませんか、というコンセプトのもと、「み(ん)なとまちでなにする?展」を開催。10数年間に及ぶ港まちづくり協議会の活動とこれからの未来を展望します。

また会期中には、関連イベントとして、「POTLUCK SCHOOL2018-19 vol.2 学区連絡協議会がやるべきことは何か?」も 開催します。

自分を活かして地域に関わりを持ってみたい、人に役立つを仕事にしてみたい、そんな皆さんのお越しをお待ちしてます!

 

み(ん)なとまちでなにする?展

■期間:2019年1月26日(土)-3月16日(土)

*日曜、月曜、祝日は休館

*2月27日は別事業のため、13時から展示をご覧いただけます。

■時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■入場:無料

■会場:港まちポットラックビル 2F

名古屋市営地下鉄名港線「築地口駅」2番出口より徒歩1分

■主催:港まちづくり協議会

■協力:名古屋芸術大学

 

関連イベント POTLUCK SCHOOL2018-19 vol.2

「学区連絡協議会がやるべきことは何か?——現状を知り、やるべきことを決め、みんなで取り組む——」

平成24年、行政職員として、まちづくりが専門だった石原宏さんは、居住地である植田東学区の運営に関わるようになり、地域の役員たちとしくみづくりから行ってきました。以来、学区は着実な歩みをたどっており、名古屋市関係者の中では、学区連絡協議会の先進的な事例として静かな注目を集めてきました。

丁寧に現状分析を行い、既成概念を脱却した予算配分と、継続性を考慮した新しい体制づくりで、持続可能な活動を展開しています。今回のポットラックスクールでは、石原さんにその独自の手法を学びます。

 

■日時:2月22日(金)19:00-21:00 

■ゲスト:石原 宏

■会場:港まちポットラックビル

名古屋市営地下鉄名港線「築地口駅」2番出口より徒歩1分

■参加費:無料(予約不要)

 

詳しくはこちら:http://www.minnatomachi.jp/event/tsukuru/340

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)


過去のイベントは、こちらをご覧ください: