イベント


第10回 芸術教養領域公開講座「リベラルアーツ× X」にて坪井秀人氏講演(2020年1月26日)

芸術大学にとって、リベラルアーツ(教養)とは、なんなのでしょう。「音楽」や「幾何」が、古代から中世を通して自由七学芸に位置づけられていることを踏まえるなら、芸術はリベラルアーツの重要な一部でした。そして今もそうであるとの思いから、芸術教養領域では、今日のリベラルアーツをあらためて問うべく、2017年度からシリーズ公開講座「リベラルアーツ x X」(リベラルアーツかけるエックス) を開催しています。教養と何か (X) をつなぐ、教養を何かで読み解く、あるいは何かをもって教養に切り込む、そんな試みです。各界で活躍する方を講師にお招きし、それぞれの分野・テーマを教養とかけあわせてみるとき、そこには何が生まれてくるでしょうか。

第10回目は、国際日本文化研究センターの坪井秀人氏にお話いただきます。

 

「リベラルアーツ × X」第10回

坪井秀人氏(国際日本文化研究センター教授、名古屋芸術大学 芸術教養領域2019年度特別客員教授)

「教養のたそがれと人文知──〈終焉〉後の文学そしてグローバル・ヒストリー──」

20世紀末葉に進められた大学改革そしてネット社会の加速度的な浸透は、グローバリゼーションと新自由主義という世界史的転換を背景にして、人文知にかかわる私たちの研究のあり方を脅かし、将来的ヴィジョンを見えにくくさせている。

その一方で世紀をまたぐこの30年(ポスト冷戦の30年と呼びかえてもよい)において人文学は失ったものも大きかったが、それが獲得してきた新たな可能性についても語らないわけにはいかない。その新たな動向をグローバル・ヒストリーと世界文学から考え、私自身の近年のプロジェクトも例にしてお話ししたい。

 

■日時:2020年1月26日(日) 14:00-16:00

■会場:アートラボあいち

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目4-13 愛知県庁大津橋分室2階-3階
Tel & Fax: 052-961-6633
Email: ala@aichitriennale.jp

http://aichitriennale.jp/ala/index.html

■アクセス:

地下鉄名城線「市役所」4番出口より徒歩5分
地下鉄桜通線・名城線「久屋大通」1番出口より徒歩8分

■主催:名古屋芸術大学、あいちトリエンナーレ実行委員会

■入場:無料、予約不要

◾️お問い合わせ:

リベラルアーツインフォメーションセンター
Tel & Fax: 0568-22-0123
Email: nua_la@nua.ac.jp
https://www.nua-la.jp



芸術教養領域助手 王昊凡さんが春日井市「みんなの美術部」で講座「餃子から広がる世界—台所でアートしよう—」開催(2020年3月7日)

「みんなの美術部」は、みんなと一緒に楽しんで、みんなと一緒に考えて、みんなとは違う自分に出会うための部活です。ものづくりを楽しみたい、新しいことに挑戦したい、友達をつくりたい… そんな方はどなたでもご参加ください。

この「みんなの美術部」で、生活文化をテーマに、芸術教養領域助手の王昊凡さんが講座を開催します。部員登録の上、お申し込みください。

 

講座「餃子から広がる世界—台所でアートしよう—」

絵を描く時間、美術館に行く時間がなくても、創造力一つで日常生活を豊かにすることができます。例えば毎日の食事。つくる人の工夫がたくさん詰まっている料理は、家事というより作品づくりに近いかもしれません。王先生に中国各地の餃子を紹介してもらいながら、オリジナル餃子づくりを体験します。「食」をテーマに、毎日の生活を楽しむヒントを見つけてみませんか?

■日時:2020年3月7日(土) 10:30-14:30

■講師:王昊凡(博士(名古屋大学環境学研究科・社会学)、名古屋芸術大学 芸術教養領域助手)

■会場:レディヤン春日井

■定員:20名(申し込みに先立ち、部員登録が必要です)

■主催:公益財団法人かすがい市民文化財団

 

部員登録

■対象:小学5年生くらい〜 上限なし

■部費:講座1日につき500円(小中高生は300円)

■申込:下記の項目をメールでお送りください。

・件名:みんなの美術部 部員登録

・本文:①氏名(ふりがな)②年齢(学年)③性別 ④住所 ⑤電話番号 ⑥メールアドレス ⑦参加しようと思った理由

・申込先:ws3@kasugai-bunka.jp



港まちポットラックビルでフリーペーパー展、泉太郎展、キッチンリトグラフ・プロジェクト、続々開催(2020年1月25日-3月14日)

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

 

いろんな人といろんな街のフリーペーパー展──ツナガル、ツタワル、僕らのツール。

まちづくりに限らず、地域を舞台にした数多くの活動が盛んに展開されている昨今。その中心には、魅力的なフリーペーパーの存在が光ります。港まちづくり協議会では、発行から足掛け3年目になる「ポットラック新聞」を定期的に発行してきました。今回は、その現在地を振り返ると共に、興味深いその他のローカルメディアもご紹介します。会期中にはワークショップやトークなどさまざまなイベントも開催します。

■会期:1月25日(土)-3月14日(土) 11:00-19:00 *日・月・祝日休館

■会場:港まちポットラックビル2階

■入場:無料

■主催:港まちづくり協議会

 

【関連イベント】

ワークショップ:

Re:S[りす]竹内厚さんと一緒につくる『ポットラック新聞かわらばん』

「編集」を生業にする竹内さん曰く、「そこに名物や名店がなくても大丈夫」。どんな街や対象でも、そしてどんな人でも、それをどう見るか、どう伝えるかが「鍵」になる。今回は、竹内さんのお仕事などを伺った後に、みんなで街を取材し、実際に1日で新聞を作っちゃいます。そのプロセスを一緒に体験することで、あなたも「編集の鍵」が手に入れられるかも!?

■日時:2月22日(土) 11:00-16:00

■会場:港まちポットラックビル2階

■ゲスト:竹内厚

■定員:30名(要申込)

■参加費:無料

■交流会:終了後、17時より開催予定(実費)

 

トーク/POTLUCK SCHOOL 2019−2020 Vol.1

「自分の居場所をつくる〜そのミートパイはなぜ美味いのか?〜」

リニア開通で沸く名駅界隈に「ホリエビル」をスタートさせた堀江さん。1階には、全国でも稀なフリーペーパー専門店ONLY FREE PAPER NAGOYAと、ホットケーキが自慢の喫茶リバーがある。ここにご近所のNPOオレンジの会と共にミートパイ専門店をオープン、連日大盛況だとか。「まちづくりではなくて、自分の居心地の良い場所をつくってるだけ」と堀江さん。いやいやそこには、めちゃくちゃ面白い話があるに違いない。この続きは、トークで…。

■日時:3月6日(金)19:00−20:30

■会場:港まちポットラックビル2階

■ゲスト:堀江浩彰

■定員:50名(申込不要)

■参加費:500円(ミートパイ+ハーブティ付)

 

詳細、お申し込みはこちら↓

http://www.minnatomachi.jp/event/tsukuru/388

MAT Exhibition vol.8 泉 太郎「とんぼ」

映像、インスタレーション、ドローイング、テキスト、絵画、立体などのさまざまな手法やメディアを用いた作品群で、国内外で精力的に活動・発表するアーティスト・泉太郎の個展を開催します。総勢20名のエキストラが参加する映像とインスタレーション、展覧会の構想の過程を綴った15,000字を超えるテキストも作品として複雑に絡み合います。

■会期:1月25日(土)- 3月14日(土) 11:00-19:00 *日・月・祝日休館

■会場:港まちポットラックビル3階

■入場:無料     

■企画:Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会    

■協力:アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会、Take Ninagawa、名古屋芸術大学

 

【関連イベント】

オープニングパーティー

■日時:1月25日(土) 17:00-19:00

■参加費:無料(1品持ち寄り・ポットラック歓迎)

泉太郎によるギャラリーツアーと特別イベント

「透明な弁」Invisible valve

■日時:2月1日(土) 17:00-19:00(予定)

■参加費:500円 *詳細が決まり次第webを更新します。

 

詳細はこちら↓

http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/4866.html

 

Super Exhibition vol.01キッチンリトグラフ・プロジェクト

キッチンにある身近な素材(アルミホイル、石鹸、バター、炭酸飲料、チョコレートなど)を使って版画を制作する「キッチンリトグラフ」のワークショップと作品展示を行います。版画作品を制作し、発表するアーティスト・片山浩(1971年大阪府生まれ、愛知県在住)を講師に迎え、版画の技法に触れて、楽しむプロジェクトです。

 

■会期:1月25日(土)- 3月14日(土) 11:00-19:00 *日・月・祝日休館

■会場:Super Gallery

■入場:無料

■企画:渡辺英司、Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会

 

【関連イベント】

オープニングパーティー

■日時:1月25日(土) 17:00-19:00

■参加費:無料(1品持ち寄り・ポットラック歓迎)

キッチンリトグラフ ワークショップ

■日時:2月8日(土) 15:00-17:00

■会場:港まちポットラックビル

■定員:10名(予約優先)

■参加費:無料 

ペーパーリトグラフ ワークショップ

■日時:2月29日(土) 14:00-16:00

■会場:港まちポットラックビル

■定員:10名(予約優先) 

■参加費:無料

 

詳細はこちら↓

http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/4887.html


港まちポットラックビルは、

名古屋市営地下鉄名港線「築地口」2番出口より徒歩1分です。

これからも『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)


過去のイベントは、こちらをご覧ください: