イベント


港まちづくり協議会で「みなと A GO GO!(12月分)」開催中!

名古屋の港まちにあるMinatomachi POTLUCK BUILDINGでは、芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の古橋敬一先生(「地域文化論」)が参加されている港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

その一部、「み(ん)なとまちの観光プログラム2017  みなと A GOGO!」が今年も始まります。

 

12月開催のプログラム

いずれも要申し込み。申し込み・詳細はこちら↓

http://www.minnatomachi.jp/event/tsudou

 

ライターになってみよう!ポットラック新聞かわら版

「ポットラック新聞かわら版」は2017年7月から毎月発行している、港まちの日常を取り上げたフリーペーパーです。かわら版編集部の3人に講師になっていただき、一緒にランチをしながらまちを歩き、記事を書き、かわら版号外号の制作を行います。

■日時:12/9(土) 11:00〜16:00

■集合:港まちポットラックビル

■参加費:実費(昼食代+取材費) 

■定員:8名

■講師:ささやん、であいちゃん、チンタオ(ポットラック新聞かわら版編集部)

 

港まちのリアル名物「とんスパ」を味わう FAT

その昔、港まちに人気のレストランに「とんスパ」というメニューがあったそうです。このツアーでは、「とんスパ」復活の苦労話を伺いながら、みんなで美味しく「とんスパ」をいただきます。

■日時:12/9(土) 13:00〜14:00

■集合:FAT

■参加費:1,000円(とんスパとドリンク付き)

■定員:5名

■講師:岡直樹さん

 

「不調を整える野菜スープ」を食べて体調について考える

スロースタイルカフェ cha-hoo

チャフーは、港まちには欠かせないスロースタイルのカフェバー。今回はチャフーオリジナル「不調を整える野菜スープ」と「冬のとっておき手作りノンシュガー食べるジャム」を食しながら、「体の不調を整える」について考えます。

■日時:12/17(日) 10:00〜12:00

■集合:cha-hoo

■参加費:800円

■定員:10名

■講師:下郷洋子さん(cha-hoo オーナー)

 

歌声響く夜の港まちほろ酔いツアー

港まちには数多くの飲食店があります。だけどなかなか1人では緊張してしまうもの。それなら私たちと一緒に夜の港まちを巡って、お店のマナーや楽しみ方もお店の人に伝授してもらいましょう! 

■日時:12/22(金) 19:00〜21:00

■集合:港まちポットラックビル

■参加費:実費

■定員:10名

■講師:港まちのお店の皆さん

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)


酒井健宏先生監督の映画『右にミナト、左にヘイワ。』上映(2017年12月21日、23日)

 

芸術教養領域 リベラルアーツコース 非常勤講師の酒井健宏先生(「ムービー制作」)が監督・脚本・編集を行った、伊勢湾台風の記憶をテーマにした映画『右にミナト、左にヘイワ。』が、名古屋シネマテークの「第31回自主製作映画フェスティバル」で上映されます。

この映画は、港まちづくり協議会の「28年度提案公募型事業」として制作されたもので、名古屋芸術大学 美術学部洋画コース卒業生(当時4年生)の小川愛さんが主演しています。

*画像は、今年2月の上映会時のものです。

 

■日時:2017年12月21日(木)18:40- / 12月23日(土) 14:00-

*上映時間は変更の場合もあります

■場所:名古屋シネマテーク(052-733-3959)

■アクセス:名古屋市営地下鉄「今池」下車、UFJ銀行西180m

■入場料:一般 1500円、大学生 1300円、中高予生 1000円

*一般、大学生 前売り券は1200円

 

この映画が9月に名古屋で上映された時の朝日新聞の記事はこちら↓

http://www.asahi.com/articles/ASK9D5GN9K9DOIPE01Y.html



港まちづくり協議会で「みなと A GO GO!(1月分)」開催

名古屋の港まちにあるMinatomachi POTLUCK BUILDINGでは、芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の古橋敬一先生(「地域文化論」)が参加されている港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

その一部、港まちのとってもディープで魅力的な「ヒト・モノ・コト」を体験するプログラム「み(ん)なとまちの観光プログラム2017  みなと A GOGO!」が今年も始まります。

 

1月開催のプログラム

いずれも要申し込み。申し込み・詳細はこちら↓

http://www.minnatomachi.jp/event/tsudou

 

お手本のない習字教室 in 港まち

「お手本通りに書くことも大切だけど、字はもっと自由でいいと思うの」と語る、ぶらり港まち新聞/ポットラック新聞でお馴染みのライター谷さん。谷さんとまちを歩き、感じた気持ちを墨と筆で表現してみようと思います。

■日時:1/6(土) 10:30〜12:00

■集合:港まちポットラックビル

■参加費:500円(コーヒー付き)※道具はすべてこちらで用意します。 

■定員:6名

■講師:谷 亜由子さん

 

健康は耳から!? 耳ツボマッサージ講座 くすりのササ

東洋医学では、耳には全身の各臓器に働きかけるツボがあると考えられています。

今回は、港まちのみなさん御用達の「くすりのササ」さんにて、耳ツボ講座を開催します。この機会に身体の血行を良くして、日々の疲れをスッキリと改善してみませんか

■日時:1/8(月・祝) 10:00〜12:00

■集合:くすりのササ

■参加費:1,000円(ツボシート付き) 

■定員:8名

■講師:高羽美由紀さん(くすりのササ店主)

 

港まち俳句の会ー日々の出来事を俳句で詠もうー

俳句って難しいイメージがありますが、「そんなに構えずに詠んでみたらいいのよ」と伊藤千寿さんは言います。日記帳に綴るように俳句が詠めたらいいな!ということで、今回は千寿さんと裕子さんにアドバイスをもらいながら、気軽に俳句を詠んでみたいと思います。

■日時:1/8(月・祝) 14:00〜16:00

■集合:港まちポットラックビル

■参加費:300円(飲み物付き) 

■定員:12名

■講師:伊藤千寿さん、藤井裕子さん

 

港まちの映画「右にミナト、左にヘイワ。」上映会:監督との撮影の舞台を巡るミニツアー

昨年度完成した港まちを舞台にした防災SFファンタジー映画「右にミナト、左にヘイワ。」。撮影の舞台にもなり、マスターに出演いただいた喫茶店ハーバーさんでの上映会および、撮影の舞台を巡るツアーも行います。ガイドをしてくれるのはなんと、監督の酒井さん! 

■日時:1/13(土) 10:00〜12:00

■集合:喫茶ハーバー

■参加費:500円(コーヒーorオレンジジュース付き) 

■定員:20名

■講師:酒井健宏さん(港まちポートレート代表)

 

アロマシャンプー作りー「良いシャンプー」ってなんだろうー バーバーショップマッチ

シャンプーに自分の好きなアロマオイルを入れて、ご自宅でもリラックスできるオリジナルのアロマシャンプー作りを行います。バーバーショップ マッチ店主の松野さんから上手な髪の洗い方や、「良いシャンプー」についても教えてもらいましょう!つくったシャンプーはお持ち帰りいただけます。

■日時:1/14(日) 10:00〜11:00

■集合:ハーバーショップマッチ

■参加費:1,000円

■定員:12名

■講師:松野伸哉さん(ハーバーショップマッチ店主)

 

港まちガーデンツアー

土にふれあう都市の暮らしを探る「みなとまちガーデンプロジェクト」。暮らしから出る生ゴミを回収し、隣まちの農園アグリパーク南陽にて堆肥化。地域の中に緑豊かなコミュニティガーデンが既に10か所も誕生しています。今回は、ガーデンのハーブを摘みながら、都市の中のオーガニックな暮らし、そのアイデアについておしゃべりしましょう。

■日時:1/20(土) 10:00〜12:00

■集合:港まちポットラックビル

■参加費:300円(飲み物付き)

■定員:10名

■講師:古橋敬一、児玉美香(港まちづくり協議会事務局スタッフ)

 

まちなか寺子屋 ー写真やモノを手がかりに、まちの声に耳を傾けるー

港まちづくり協議会では、地元小学校の100周年をきっかけに、まちの方々から古い写真やモノ、それにまつわる様々な記憶を記録する取り組みを行っています。「まちを解(ほど)く」と題した展覧会も開催しました。今回は、展覧会の成果を振り返りながら、展覧会の協力者たちもゲストに交えた座談会を開催します。

■日時:1/20(土) 13:30〜15:00

■集合:港まちポットラックビル

■参加費:300円(飲み物付き)

■定員:10名

■ゲスト:港まちの生き字引な方々

■講師:古橋敬一(港まちづくり協議会事務局スタッフ)

 

手作り肉まん作りにチャレンジ! 中国食房 凛

港まちの凛さんは、いつ行っても大勢のお客さんで賑わう港まちの人気店。そんな凛さんのメインシェフ山ちゃんから、美味しい肉まんを直伝いただきます。ほんのり甘くてふわふわもちもちの生地に、アツアツの肉だねがたまりません。生地の作り方から具の味付けまで全部教えてもらえます。

■日時:1/28(日) 12:00〜15:00

■集合:中国食房 凛

■参加費:1,000円

■定員:24名

■講師:山田久歩さん(凛メインシェフ)

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)


名古屋芸術大学芸術学部芸術教養領域公開講座

「リベラルアーツ x X」(次回は2018年1月21日)

 

芸術大学にとって、リベラルアーツ(教養)とは、なんなのでしょう。「音楽」や「幾何」が、古代から中世を通して、自由七学芸にも位置づけられていることを踏まえるなら、芸術はリベラルアーツの重要な一部でした。そして今もそうであるとの思いから、名古屋芸術大学では、2017年度より芸術学部に新しく芸術教養領域を創設しました。この公開講座は、今日のリベラルアーツをあらためて問うべく、「リベラルアーツ x X」(リベラルアーツかけるエックス)との題で、3回にわたって開催されます。教養と何か(X)をつなぐ、教養を何かで読み解く、あるいは何かをもって教養に切り込む、そんな試みです。各界で活躍する方を講師にお招きし、それぞれの分野・テーマを教養とかけあわせてみるとき、そこには何が生まれてくるでしょうか。

 

■第1回:2017年11月19日[日]13:00-15:00 *終了しました
水川敬章氏(名古屋芸術大学 芸術教養領域 非常勤講師 / 愛知教育大学 教育学部 講師)

Aging Hip Hopーリベラルアーツ x 表現文化


■第2回:2017年12月10日[日]13:00-15:00  *終了しました
浦野光人氏(株式会社ニチレイ 相談役)

「リベラルアーツ × リーダーシップ」


■第3回:2018年1月21日[日]13:00-15:00
戸田山和久氏(名古屋芸術大学 芸術教養領域 2017年度特別客員教授 / 名古屋大学教養教育院長)

× 小石祐介氏(クリエイティブディレクター KLEINSTEIN CO., LTD. 代表)

「リベラルアーツ × ?」

 

■会場:アートラボあいち大津橋
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目4-13 愛知県庁大津橋分室2階-3階
Tel & Fax: 052-961-6633
Email: ala@aichitriennale.jp

http://aichitriennale.jp/ala/index.html
■アクセス:

地下鉄名城線「市役所」4番出口より徒歩5分
地下鉄桜通線・名城線「久屋大通」1番出口より徒歩8分
■主催:名古屋芸術大学、あいちトリエンナーレ実行委員会
■入場:無料、予約不要

■問い合わせ:
リベラルアーツインフォメーションセンター
Tel & Fax: 0568-22-0123
Email: nua_la@nua.ac.jp
https://www.nua-la.jp

あいちトリエンナーレ実行委員会事務局

Tel: 052-971-6127
Fax: 052-971-6115
Email: triennale@pref.aichi.lg.jp
http://aichitriennale.jp/



過去のイベント(2016年10月以降)

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

Inexiplicable owl vol.3 evaporationで原田裕貴先生の作品を演奏(終了しました)

■日時:2016年11月30日(水) 18:00開場 18:45開演
■会場:Menicon ANNEX HITOMIホール
名古屋市中区葵三丁目21-19 メニコンANNEX 5F
JR千種駅地下改札口方面、地下鉄千種駅⑤番出口より徒歩4分

 



リベラルアーツコースがクリエーターズマーケットに出展!(終了しました)

■期間:2016年12月3日(土)〜4日(日)

■時間:11:00-18:00

■場所:ポートメッセなごや

■参加費:リベラルアーツ プロモーションブース自体は参加無料ですが、会場に入場するには、クリエーターズマーケットへの入場料が必要です。



 「いのちの暮らし」展(終了しました)

芸術教養領域リベラルアーツコース非常勤講師 古橋敬一先生(「地域文化論」)が企画した展覧会です。

■期間:2016年11月26日(土)-2017年1月14日 (日曜・月曜・祝日は休館)

■開館時間:11:00-19:00 入場無料
■会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F: Project Space

 名古屋市港区名港1-19-23

 名古屋市営地下鉄名港線「築地口駅」2番出口より徒歩1分

 


Phonon Cafeで名芸生制作のZINEを展示(終了しました)

 名古屋大学 情報文化学部のPhononカフェにて、名古屋芸術大学の学生が制作したZINEを展示しました。

 

■同時開催:Sound Space at Phonon Cafe

名古屋大学学生のオリジナルのサウンドで Phonon の空間を演出します。 

■期間:2017年1月17日(火) -30日(月) 土日休み

 

詳しくはこちらご覧ください↓ 



水川敬章先生が「音楽で広がる本の世界:村上春樹の作品に寄せて」を開催(終了しました)

 芸術教養領域リベラルアーツコース非常勤講師 水川敬章先生(「日本語リテラシー」)が、「音楽で広がる本の世界:村上春樹の作品に寄せて」というタイトルでイベントを開催しました。

「図書館(本)×ライブハウス」をコンセプトとし、村上春樹の作品に出てくる音楽について、解説や本の朗読とともに、CDの音楽や生演奏を聴いて楽しむイベントです。

■日時:2017年2月5日(日) 13:30開場 14:00-16:00

■会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース



酒井健宏先生監督の映画『右にミナト、左にヘイワ。』上映(終了しました)

 芸術教養領域 リベラルアーツコース 非常勤講師の酒井健宏先生が監督・脚本・編集を行った映画『右にミナト、左にヘイワ。』の完成記念特別上映会が行われました。

この映画は港まちづくり協議会の「28年度提案公募型事業」として制作されたもので、名古屋芸術大学 美術学部洋画コース4年生の小川愛さんが主演しています。

 

上映会1

■日時:2017年2月11日(土・祝) 10:30-開場、11:00-上映

■会場:喫茶ハーバー(名港線「名古屋港駅」1番出口 徒歩4分)

 上映会2

■日時:2017年2月12日(日) 16:00-開場、16:30-上映

■会場:港まちポットラックビル(名港線「築地口」2番出口 徒歩1分)



原田裕貴先生がCBC「金の殿」(2017年1月13日-)、JR名古屋高島屋「Amour du Chocolat!」(2017年1月20日-)に楽曲提供

 

芸術教養領域非常勤講師の原田裕貴先生(「サウンドリテラシー」)作曲の楽曲が、CBCドラマ「金の殿〜バック・トゥ・ザ・NAGOYA」、JR名古屋高島屋「Amour du Chocolat!」のCMおよび会場BGMに使われました。

「金の殿」はCBCテレビ(東海地域)で毎週金曜日 深夜0:55-1:26に放送されたほか、TVer・TBS Freeで全国向けに見逃し配信もされています。

チョコレートの祭典「Amour du Chocolat!」は、名古屋高島屋10階催事場で1月20日(金)-2月14日(火)開催しました。


日栄一真先生が「からっぽの家がみる夢」に出展(終了しました)

 芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の日栄一真先生(「サウンドリテラシー」)が、つしまアートスケープExibition「からっぽの家がみる夢」に出展しました。

■期間:2017年5月5日(金)-7日(日) 10:00-17:00 *7日は16:00まで

■会場:愛知県津島市中地町2丁目54番地 旧鈴木邸

■アクセス:名鉄電車「津島」駅下車徒歩18分

■主催:つしまアートスケープ実行委員

■後援:NPO法人まちづくり津島

 

詳しくはこちらをご覧ください↓



茂登山清文先生が「clas 10」に出展(終了しました)

 芸術教養領域 リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか)が、デザイン領域の水内智英先生とともに、名古屋大学で開催される「clas 10 (clas10-1)」に出展しました。

 

■会期

clas 10-1  2017年5月9日(火)-12日(金)

clas 10-2  2017年5月17日(水)-22日(月)

clas 10-3  2017年5月25日(木)-30日(火)

いずれも10:00-18:00 土・日閉館

■会場

名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー clas

■主催

名古屋大学教養教育院

 

詳しくはこちらをご覧ください ↓



リベラルアーツコース6月の オープンキャンパス開催!(終了しました)

 ■日時:2017年6月10日(土) 10:00-16:00

■場所:名古屋芸術大学 東西キャンパス

名古屋芸術大学 芸術教養領域 リベラルアーツコースでは、大学の雰囲気を体験してもらい、入試や入学後のカリキュラムについての疑問にお答えするため、6月からほぼ毎月オープンキャンパスを開催します。

2017年度最初のオープンキャンパスは、6月10日(土)に、東キャパス、西キャンパス両方で開催しました。

詳細はこちらをご覧ください ↓



茂登山清文先生が名古屋市工芸高校でワークショップ(終了しました)

 ユネスコ・デザイン都市なごや推進事業

デザイン・ワークショップ

水辺都市|中川運河を軸とした水辺を生かしたまちづくりの提案

■日時:2017年6月13日(火)13:00-15:10

■場所:名古屋市工芸高校

詳しくはこちらをご覧ください ↓



リベラルアーツコースが今年もクリエーターズマーケットに出展!(終了しました)

■期間:2017年6月17日(土)-18日(日)

■時間:11:00-18:00

■場所:ポートメッセなごや(名古屋市 金城ふ頭)

■参加費:リベラルアーツ プロモーションブース自体は参加無料ですが、会場に入場するには、クリエーターズマーケットへの入場料が必要です。

詳しくはこちらをご覧ください ↓



日栄一真先生が美浜「山の広場」での国際現代アートイベントに出演(終了しました)

 芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の日栄一真先生(「サウンドリテラシー」)が、美浜町「山の広場」での国際現代アートイベント“Dreams and Other Nocturnal Stories“に出演しました。。

■日時:2017年7月8日(土) 18:30(開場) 19:30-21:00

■会場:愛知県知多郡美浜町布土菅苅108-1「山の広場」

■アクセス:【公共交通機関】名鉄知多新線上野間駅下車、徒歩40分【お車】知多半島道路美浜ICより10分

■お問い合わせ:yamahirobaevent@gmail.com

 詳しくはこちらをご覧ください↓



古橋敬一先生が静岡県プログラム拠点「七Lab.」トークイベントに出演(終了しました)

 芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の古橋敬一先生(「地域文化論」)が、静岡県文化プログラム拠点「七Lab.(ナナラボ)」オープン記念トークイベント「地域とアートの共鳴が描く静岡の未来」に、パネリストとして参加しました。

 

■日時:2017年7月15日(土) 開場13:30、開演14:00(15:30終了予定。その後レセプションあり)

■会場:静岡文化プログラム拠点「七Lab.(ナナラボ)」

    静岡市葵区七間町5-8 ミライエ七間町2F

■入場:無料(事前申し込み制

 

詳しくはこちら↓



リベラルアーツコース7月のオープンキャンパス開催!(終了しました)

■日時:2017年7月16日(日) 10:00-16:00

■場所:名古屋芸術大学 東西キャンパス

 

2017年度2回目のオープンキャンパスは、7月16日(日)に東西両キャンパスで開かれ、絵本で遊ぶ、民族衣装で遊ぶ、写真と缶バッヂで遊ぶ、楽しいワークショップを開催しました。

写真は、東キャンパスでのワークショップ「探してみよう、絵本のいたずら」の様子です。絵本の絵の中に隠された「ちょっと面白いもの」を見つけるクイズ形式のワークショップでした。たくさんのみなさまにご参加いただき、にぎやかに終えることができました。ありがとうございました!



名古屋大学で国際シンポジウム「アート・リソースとディジタルメディアの活用」開催(終了しました)

 芸術教養領域 リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか)を中心とした、科研費による「大学における「アート・リソース」の活用に関する総合的研究」チームが、名古屋大学で国際シンポジウムを開催しました。

 ■日時:2017年7月23日(日) 13:00-17:30

■場所:名古屋大学 文系共同館1AB

■問合せ:名古屋芸術大学芸術学部芸術教養領域 茂登山研究室 / リベラルアーツインフォメーションセンター

Tel/Fax: 0568-22-0123

Email: motoyama@nua.ac.jp または nua_la@nua.ac.jp

 

詳しくはこちらをご覧ください↓


名古屋市生涯学習講座でリベラルアーツコース教員がシリーズ講座を担当(終了しました)

名古屋市では、心の豊かさや生きがいの実感、社会の変化に対応するための知識や技術の習得を目指して、様々な生涯学習講座を開催しています。その中の「名古屋市大学連携シリーズ講座」で、芸術教養領域リベラルアーツコースの教員が「名古屋学」をテーマに3回の連続講座を担当しました。

 

■会場:名古屋市女性会館 イーブルなごや

 名古屋市中区大井町7-25

 名古屋市営地下鉄名城線「東別院」下車 1番出口から東へ徒歩3分

■第1回(2017年7月25日[火] 14:00-15:30)「名古屋の景観と写真」茂登山 清文

■第2回(2017年7月27日[木] 14:00-15:30)「名古屋と絵本:絵本と名古屋弁」早川 知江

■第3回(2017年8月1日[火] 14:00-15:30)「名古屋の考現学:名古屋の街の考察」茶谷 薫

 

シリーズ講座の詳しい案内については、こちらをご覧ください ↓ 



港まちPOTLUCK SCHOOLで岩田彩子さん講演(終了しました)

 

芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の古橋敬一先生(「地域文化論」)が参加されている港まちづくり協議会の主催で、今秋も名古屋の港まちを舞台にしたクラシック音楽と現代美術のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ2017」が開催されます。

その先駆けとして、アッセンブリッジ・ナゴヤ音楽部門のプログラムディレクターを務める岩田彩子さんをお招きした講演会を催し、同催しの魅力と制作現場の舞台裏、また、岩田さんがクラシック音楽を普及させるために取り組んでいる活動について伺います。


POTLUCK SCHOOL 2017 vol.2
「この世界にクラシック音楽をどう広めていくのか-アッセンブリッジ・ナゴヤへの誘い-」
■日時:2017年8月18日(金)19:00-20:30
■ゲスト:岩田彩子(アッセンブリッジ・ナゴヤ2017音楽プログラムディレクター/チェロ奏者)
■会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 1F
■交流会参加費:500円
■定員:50名(予約不要)

 

詳しくはこちら↓

http://www.mat-nagoya.jp/school/4354.html


茂登山清文先生が名古屋大学「学びの杜」でワークショップ開催(終了しました)

 

芸術教養領域 リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか)が、名古屋大学 高大接続研究センター主催の「学びの杜・学術コース」で、講義とワークショップ「ポートレイト写真を見る/撮る」を担当しました。

 ■日時:2017年8月21日(月)13:00-15:30

■場所:名古屋大学情報文化学部SISスタジオ

■概要:「ポートレイト写真を見る/撮る」現代文化の最前線、写真表現では何がおきているでしょう。それを紹介しながら、 ポートレイト写真にチャレンジし、楽しみましょう。

 

詳しくはこちら↓


大名古屋電脳博覧会2017開催(終了しました)

 

芸術教養領域リベラルアーツコース担当の津田佳紀先生(「情報と芸術」ほか)が運営委員を務める大名古屋電脳博覧会が、今年で4回目の開催を迎えます。

■期間:2017年9月6日(水)-10日(日) 10:00-19:00 *最終日17:00まで

■会場:名古屋市民ギャラリー矢田 第1-7展示室

■入場料:無料

■アクセス:地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」下車 1番出口から徒歩5分

 

詳しくはこちら↓

http://nagoyadenno.com/



酒井健宏先生の映画を名古屋で上映(終了しました)

 

芸術教養領域 リベラルアーツコース 非常勤講師の酒井健宏先生が監督・脚本・編集を行った、伊勢湾台風の記憶をテーマにした映画『右にミナト、左にヘイワ。』が、9月23日に名古屋市で上映されました。伊勢湾台風上陸から、26日で58年目になります。

この映画は、港まちづくり協議会の「28年度提案公募型事業」として制作されたもので、名古屋芸術大学 美術学部洋画コース卒業生(当時4年生)の小川愛さんが主演しています。

*画像は、今年2月の上映会時のものです。

 

■日時:2017年9月23日(土・祝) 13:00-上映(約40分間)

■会場:名古屋市港区南陽交流プラザ「港区防災のつどい」

■入場:無料

■問い合わせ:港区総務課 052-654-9614 / 港まちづくり協議会 052-654-8911 

 

また、この上映会について、朝日新聞でも取り上げられました↓

http://www.asahi.com/articles/ASK9D5GN9K9DOIPE01Y.html



特別客員教授  戸田山和久先生 公開講座開催(終了しました)

 

芸術教養領域 特別客員教授 戸田山和久先生の公開講座が行われました。

戸田山先生は、科学哲学の第一人者として『「科学的思考」のレッスンー学校で教えてくれないサイエンス』『哲学入門』『恐怖の哲学ーホラーで人間を読む』などの著書があり、この他に、共著・翻訳も多数にのぼります。 長年にわたって教養教育の重要性を説いてこられ、現在は、名古屋大学で教養教育院長を務めています。

今回の公開講座では、「21世紀の教養を定義してみる」と題して、そもそも教養とは何なのか、なぜ大事なのかをお話しいただきました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

■日時:9月29日[金]17-19時 

■会場:名古屋芸術大学西キャンパス B棟2階 視聴覚室 

■入場:無料・予約不要

■お問い合わせ:

名古屋芸術大学 芸術教養領域 リベラルアーツ インフォメーションセンター

〒481-8503 北名古屋市熊之庄古井281

TEL / FAX:0568-22-0123

Eメール:nua_la@nua.ac.jp 


芸術教養領域レビュー開催!(終了しました)

 

芸術教養領域リベラルアーツコース2017年度入学生のレビューが行われました。

前期の「ビジュアルリテラシー」「サウンドリテラシー」で制作した作品の中から、学生自身が選んだ作品を展示しました。

 

■期間:2017年9月18日(金)-30日(土) 10:00-17:00

■会場:名古屋芸術大学 東キャンパス9号館3階 リベラルアーツスタジオ

■入場:無料



茂登山清文先生が「アートとあそび展」で講演(終了しました)

芸術教養領域 リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか)が、愛知県児童総合センター主催の「アートとあそび展」で、トークイベントに出演しました。

 

ア ー ト と あ そ び 展

■期間:2017年9月16(土)-10月1日(日) 11:00-19:00 *金曜-日曜、祝日のみ開館
■会場:アートラボあいち ART LAB AICHI

■主催: アートラボあいち、愛知県児童総合センター

 

トークイベント

■日時:10月1日(日) 14:00-16:00

■ゲスト: 茂登山清文(名古屋芸術大学教授) 田嶋茂典(元愛知県児童総合センター長) 副田一穂(愛知県美術館学芸員)

 

詳しくはこちら↓



北名古屋市商工祭に出展(終了しました)

 

名古屋芸術大学が、地元北名古屋市の商工祭にブースを出展しました。商工祭は、北名古屋市の地元企業が集まっての賑やかな物販イベントです。芸術教養領域も、缶バッヂの販売で参加します。他にも音楽領域が、開会式のファンファーレや、アリーナでのステージ演奏など、金管五重奏で参加しました。遊びにきてくださったみなさま、ありがとうございました!

■日時:11月3日(金・祝) 10:00-15:00

■場所:北名古屋市健康ドーム



茂登山先生が「clas」10周年のシンポジウムに出席(終了しました)

 

名古屋大学教養教育院にプロジェクトギャラリー「clas」が誕生して今年で10年になるのを記念し、シンポジウムが開催されました。芸術教養領域リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか)は「clas」の誕生に多大な貢献をし、今回パネリストとして出席しました。ほかにも、当時学生として教養教育院のアートプロジェクトに関わり現在は金沢21世紀美術館に学芸員として勤務されている野中祐美子氏、そして教養教育院長である戸田山和久氏をお迎えし、「clas」のこれまでと、これからについて議論しました。

 

■日程:2017年11月25日(土)13時から18時

■会場:名古屋大学情報文化学部棟4FSIS3教室

■アクセス:名古屋市営地下鉄 名城線「名古屋大学」駅下車

■パネリスト

茂登山清文(名古屋芸術大学教授)

野中祐美子(金沢21世紀美術館学芸課主任)

戸田山和久(名古屋大学教授・教養教育院長)

■スケジュール

13:00-14:30 第1部「アートから見た「clas」の誕生」

14:45-16:15 第2部「かわりゆく教養と「clas」」

16:30-17:30 プロジェクトギャラリー「clas」にて、10周年記念展示見学

■主催

名古屋大学教養教育院芸術系

名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」

入場:無料、予約不要

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.ilas.nagoya-u.ac.jp/clas/programs/359.php


ユネスコ・デザイン都市でイベント開催(終了しました)

 

芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の江坂恵里子先生(「マーケティング」)が参加されているユネスコ・デザイン都市なごや推進事業実行委員会の主催で、さまざまな企画が開かれています。

11月には、こちらのイベントを開催しました。

 

[1]ユネスコ・デザイン都市なごや × やっとかめ文化祭 連携特別企画①

歴史的文化遺産を守りながら、過去と現代をつなぐ大胆な都市戦略

■日時:11月3日(金・祝)14:00〜17:00(13:30開場)

■会場:クリエイティブビジネススペース コード(名古屋市中区栄3-18-1ナディアパーク・デザインセンタービル4F)

■スピーカー:カール・シュトッカー(ヨアネウム応用科学大学教授)、エバハルト・シュレンプ(ユネスコ・デザイン都市グラーツ事業責任者)

■ゲスト:佐々木雅幸(同志社大学経済学部特別客員教授・文化庁地域文化創生本部主任研究官)

■お申込、詳細についてはこちらをご覧ください ↓

http://www.creative-nagoya.jp/event/yattokame-2017-01/

 

[2]ユネスコ・デザイン都市なごや × 名古屋芸術大学 連携事業

共感のデザイン|未来社会と食をデザインする

Designing with empathy to influence future societies for future food

■日時:11月9日(木)18:30〜20:30(18:00開場)

■会場:クリエイティブビジネススペースコード(名古屋市中区栄3-18-1ナディアパーク・デザインセンタービル4F)

■定員:50名(事前申込不要)日英通訳あり

■ゲスト:Sunna Hermannsdttir スンナ・ヘルマンドッティル、

フードデザイナー/フードストラテジスト(ノルウェー/オスロ)

 

[3]ユネスコ・デザイン都市なごや × やっとかめ文化祭 連携特別企画②

グランドレベルとマイパブリック「趣味ではじめるまちづくり」

■日時:11月26日(日)14:00〜17:00(13:30開場)

■会場:川伊藤家(四間道、名古屋市西区那古野1-36-12)EndFragment

■スピーカー:田中元子、大西正紀(グランドレベル/mosaki)

■お申込、詳細についてはこちらをご覧ください ↓

http://www.creative-nagoya.jp/event/yattokame-2017-02/



SAI 桜丘高校美術部 iidagumi展覧会開催(終了しました)

 

芸術教養領域リベラルアーツコース非常勤講師の谷野大輔先生(「ヴィジュアルリテラシー」)が携わる展覧会、「ANY UPDATES? その後どうなった?ーーある美術部37年の軌跡と今日」が豊橋市美術博物館で開催されました。

この展覧会は、学校法人桜丘学園 桜丘高等学校美術部が、37年間顧問を務めてこられた先生の退職を記念して開くもので、歴代美術部員たちの現在の作品を集めた展覧会です。

 

■日時:2017年11月21日(火)-26日(日) 9:00-17:00

■場所:豊橋市美術博物館(愛知県豊橋市今橋町3-1 豊橋公園内)

■入場:無料

■アクセス:JR・名鉄「豊橋駅」下車→ 東口より豊鉄市内線(市電)乗車→「豊橋公園前」下車 徒歩3分

■主催:SAI 桜丘高等学校美術部 iidagumi

■共催:学校法人桜丘学園 豊橋市教育委員会

■問い合わせ:SAI 事務局 080-3394-8205(シミズ)

 

展覧会のフライヤーはこちら↓

ダウンロード
SAIフライヤー.pdf
PDFファイル 1.9 MB


Inexplicable owl vol.4で原田裕貴先生の作品を演奏(終了しました)

 

芸術教養領域リベラルアーツコース非常勤講師の原田裕貴先生(「サウンドリテラシー」)の作品が、Inexplicable owl vol.4で演奏されました。
Inexplicable owlは、名古屋芸術大学の教員や卒業生で構成された作曲家グループで、今回が4回目の演奏会となります。

原田先生は、「フィクション」という曲を発表しました。

 

■日時:2017年11月30日(木) 18:00開場 18:30開演
■会場:名古屋芸術大学 東キャンパス2号館 大アンサンブル室
北名古屋市熊之庄古井281
名鉄犬山線「徳重・名古屋芸大」駅より東へ徒歩8分

■お問い合わせ:名古屋芸術大学演奏課 直通(0568)24-5141

 

詳しくは、フライヤーをご覧ください↓

ダウンロード
flyer.pdf
PDFファイル 317.7 KB

2017年秋、「A s s e m b r i d g e N A G O YA 2 0 1 7 」開催!(終了しました)

 

芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の古橋敬一先生(「地域文化論」)が参加されている港まちづくり協議会の主催で、今秋も名古屋の港まちを舞台にしたクラシック音楽と現代美術のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」が開催されました。

 

■会期:2017年10月14日(土)-12月10日(日)
■会場:名古屋港~ 築地口エリア一帯
■主催:アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会

 

詳しくはこちら↓

http://assembridge.nagoya/ 



 日栄一真先生が「サウンドデザインフェスティバルin浜松」に出品しました(終了しました)

 

 芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の日栄一真先生(「サウンドリテラシー」)が、浜松市で開かれた「サウンドデザインフェスティバルin浜松2017」で、サウンドアート作品「ひかりレコード」を展示しました。

「サウンドデザインフェスティバル」は、「What is SOUND DESIGN?(サウンドデザインって何?)」をキーワードに、「疑問」を「好奇心」に変え、音に触れたり、音で遊んだりすることで、「音(サウンド)」の可能性を体感するサウンドデザインの祭典です。

■日時:2017年12月9日(土)・10日(日)の2日間

■場所:アクトシティ浜松展示イベントホール

■主催:ユネスコ音楽都市はままつ推進事業実行委員会/浜松市

 

「サウンドデザインフェスティバル」のウェブサイトはこちら↓

http://www.hcf.or.jp/sdf2017/