港まちでアーティストやデザイナーの制作・活動をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.6」(2020年8月22日-10月3日)、Super Exhibition『Neutral Colors{blueprint}』開催(8月29日-10月10日)

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

今回は、アーティストやデザイナーの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト」と、雑誌『Neutral Colors{NC}』にまつわる展覧会「Neutral Colors{blueprint}」の開催をご案内します。

MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.6

 

Minatomachi POTLUCK BUILDING 3Fで、港まちエリアでアーティストやデザイナーの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト」を開催。6回目となる今回、アーティストやデザイナー、ミュージシャン 4名が港まちに滞在します。普段見ることのできない制作現場や滞在中に制作された作品などを公開するオープンスタジオ、トークイベント、ワークショップなどを開催します。

 

■開催日:2020年8月22日(土)–10月3日(土)*日曜・月曜・祝日休館

■会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F: Exhibition Space、NUCO

■企画:Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会

■参加作家

上田 良 / Yaya Ueda(アーティスト)

大田黒衣美 / Emi Otaguro(アーティスト)

加納大輔 / Daisuke Kano(グラフィックデザイナー)

テライショウタ / Shota Terai(アーティスト、ミュージシャン)

スタジオ滞在期間:8月22日(土)–9月28日(月)

■公開日:スタジオ滞在期間中の火曜–土曜(11:00–19:00)に限り見学可(要予約)

■お問合せ:

E-mail|info@mat-nagoya.jp

TEL|052-654-8911(港まちづくり協議会)

オープンスタジオ期間:9月29日(火)–10月3日(土)

■時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■休館日:日曜、月曜

■入場:無料

 

詳しくはこちら

*新型コロナウイルスの感染状況によっては、変更や中止の可能性があります。

Super Exhibition vol.03

ニュー・カラー{ブループリント}

NEUTRAL COLORS{blueprint}

 

『Neutral Colors{NC}』は、世界初(?)オフセット印刷とリソグラフ印刷を融合させた、オルタナティブな雑誌です。これまでさまざまな雑誌を生み出してきた編集者・加藤直徳と、ブックデザインを中心に活動をしているデザイナー・加納大輔によって、2020年5月に創刊されました。今回は創刊号ができあがるまでの見本誌、リソグラフのプリントピース、オリジナルグッズ、次号へ向けて準備しているデザインなどをスーパーギャラリーに展示。

 

■開催日:2020年8月29日(土)-10月10日(土) 11:00–19:00 *日曜・月曜・祝日休館

■会場:Super Gallery

■入場:無料

■監修:渡辺英司

■企画:Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会

 

詳しくはこちら

 

加納大輔氏は「MAT, Nagoya Studio Project vol.6」にも参加しています。