港まちエリアでアーティストやデザイナーの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5」を開催(2019年6月22日-8月24日)

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

今回、Minatomachi POTLUCK BUILDING 3Fで6-8月の2ヶ月間、港まちエリアでアーティストやデザイナーの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5」を開催。5回目となる今回、アーティストやデザイナー、3名が港まちに滞在します。普段見ることのできない制作現場や滞在中に制作された作品などを公開するオープンスタジオ、トークイベント、ワークショップなどを開催します。

 

MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5

■開催日:2019年6月22日(土)-8月24日(土)

■会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F: Exhibition Space

■企画:Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会

■参加作家

青崎伸孝 / Nobutaka Aozaki(アーティスト)

阿部航太 / Kota Abe(デザイナー、文化人類学専攻)

蓮沼昌宏 / Masahiro Hasunuma(アーティスト、記録写真家)

 

スタジオ滞在期間:2019年6月22日(土)-7月26日(金)

■公開日:スタジオ滞在期間中の金曜、土曜

*公開日以外は非公開です

■公開時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■入場:無料

 

オープンスタジオ期間:2019年7月27日(土)-8月24日(土)

■時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■休館日:日曜、月曜

■入場:無料

オープンスタジオ期間にトークイベントやワークショップを開催します。詳細が決まり次第、お知らせします。

詳しくはこちら

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)