港まちポットラックビルで展覧会「絵画の何か」開催!会期中に秋庭史典先生の座談会も(2019年1月22日-3月16日)

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

これまで2015年、2017年に開催してきた展覧会/トークシリーズ「絵画の何か」。今回は第3弾として、愛知を拠点とし、画家として、教育者として、それぞれの活動を展開してきた設楽知昭、秋吉風人の作品を個展形式で紹介します。

また会期中にはトークなどのイベントを開催し、同じくリベラルアーツコースの秋庭史典先生(「芸術と科学」担当)が参加する「おおぎり」の公開座談会も開かれます。

 

MAT Exhibition vol.7「絵画の何か Part3 /Something of Painting Part3」

■会期

[前期]設楽知昭|2019年1月22日(火)-2月16日(土)

[後期]秋吉風人|2019年2月19日(火)-3月16日(土)

■休館日:日曜・月曜・祝日

■開館時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■会場:港まちポットラックビルディング 3F

■企画:佐藤克久/Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会

■協力:不忍画廊、Standing Pine、TARO NASU

 

会期中のイベント

ポットラック・パーティー

アーティストを囲んでのオープニングパーティーを開催します。持ち寄り歓迎。どなたでもご参加いただけます。

■日時:2019年1月26日(土) 19:00-

 

トークシリーズ「絵画の夕べ」Talking about Painting

愛知県立芸術大学で教鞭を執る設楽知昭と、美学を専門にする秋庭史典が話し手となり、2011年より研究室内で不定期開催していた座談会「オオギリ」。今回は本展にあわせ、一般公開します。

■日時:1月26日(土) 17:00-19:00

■スピーカー:秋庭史典(美学者/名古屋大学准教授・名古屋芸術大学非常勤講師)、設楽知昭

■定員:30名(予約不要)

 

詳しくはこちら:http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/4667.html

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)