音楽と現代美術のフェスティバル Assembridge NAGOYA 10/24(土)-12/13(日)  開催決定

芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」)が参加する港まちづくり協議会がさまざまなイベントやプロジェクトを行っている名古屋の港まちでは、今秋も、クラシック音楽と現代美術のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」が開催されます。

「アッセンブリッジ・ナゴヤ」は、2016年より名古屋の港まちを舞台に開催してきた音楽と現代アートのフェスティバルです。第5回目となる今回は、新型コロナウイルス感染症によって、文化や芸術に触れる機会が限られている現状を踏まえ、この港まちから多彩な音楽・現代アートのプログラムを発信、配信することで、豊かな時間を多くの人に届けることを目指します。新型コロナウイルス感染拡大防止策を進めながら開催の準備を行なっております。

 

「アッセンブリッジ・ナゴヤ2020」開催概要

◾️2020年10月24日(土)–12月13日(日)

◾️会場:名古屋港〜築地口エリア一帯

◾️主催:アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会

◾️構成団体:名古屋市、港まちづくり協議会、名古屋港管理組合、公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団、公益財団法人名古屋市文化振興事業団

 

※新型コロナウイルス感染症の状況等により、会期、実施内容等が変更となる場合があります。最新情報は公式Webサイト、SNSにてお知らせします。

 詳しくはこちらをごらんください↓

http://assembridge.nagoya/2020/

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)