名古屋大学で国際シンポジウム「アート・リソースとディジタルメディアの活用」開催(2017年7月23日)

芸術教養領域 リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか)を中心とした、科研費による「大学における「アート・リソース」の活用に関する総合的研究」チームが、名古屋大学で国際シンポジウムを開催します。大学が蓄積してきた美術に関するリソースを、どのように市民に公開し活用するか、その上でディジタルメディアがどのような役割を果たすのか、メディアアーティストとデザイイナーを招いて議論します。みなさまどうぞご参加ください。

 

■日時:2017年7月23日(日) 13:00-17:30

■場所:名古屋大学 文系共同館1AB

■主催:科研費「大学における「アート・リソース」の活用に関する総合的研究」

■協力:名古屋芸術大学芸術学部、名古屋芸術大学リベラルアーツ総合研究所、ユネスコ・デザイン都市名古屋

■問合せ:名古屋芸術大学芸術学部芸術教養領域 茂登山研究室 / リベラルアーツインフォメーションセンター

Tel/Fax: 0568-22-0123

Email: motoyama@nua.ac.jp または nua_la@nua.ac.jp

 

フライヤーはこちらから↓

ダウンロード
ARシンポジウム.pdf
PDFファイル 727.3 KB