茂登山清文先生が「アートとあそび展」で講演(2017年10月1日)

芸術教養領域 リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか)が、愛知県児童総合センター主催の「アートとあそび展」で、トークイベントに出演します。

愛知県児童総合センターは、地域にある児童館などの中核施設として、児童健全育成活動のプログラム開発や普及、子育て支援、職員の研修など、様々な役割を担っています。開館当初からアートを意識的に取り入れ、さまざまなアーティストとも協力して、あそびのプログラムを開発してきました。今回、センターのこうした活動を紹介するため、アートラボあいちで展覧会を実施します。一般的には文化芸術から切り離されてしまう児童福祉の活動を、アートを架け橋に見通した時、どんなことが見えてくるのか、 実際にプログラムを体験しながら考えてみましょう。

 

ア ー ト と あ そ び 展

■期間:2017年9月16(土)-10月1日(日) 11:00-19:00 *金曜-日曜、祝日のみ開館
■オープニングイベント: 9月16日(土) 14:00-16:00 
■会場:アートラボあいち ART LAB AICHI

■アクセス:地下鉄名城線「市役所」 4番出口より徒歩5分 / 地下鉄桜通線・名城線「久屋大通」1番出口より徒歩8分

■主催: アートラボあいち、愛知県児童総合センター

 

トークイベント

■日時:10月1日(日) 14:00-16:00

■ゲスト: 茂登山清文(名古屋芸術大学教授) 田嶋茂典(元愛知県児童総合センター長) 副田一穂(愛知県美術館学芸員)

 

リーフレットはこちら↓

ダウンロード
アートと遊び展.pdf
PDFファイル 542.0 KB