ユネスコ・デザイン都市でイベント開催(2017年11月3、9、26日)

芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の江坂恵里子先生(「マーケティング」)が参加されているユネスコ・デザイン都市なごや推進事業実行委員会の主催で、さまざまな企画が開かれています。

11月には、こちらのイベントを開催します。

 

[1]ユネスコ・デザイン都市なごや × やっとかめ文化祭 連携特別企画①

歴史的文化遺産を守りながら、過去と現代をつなぐ大胆な都市戦略

 

オーストリアのグラーツ市は名古屋市と同じユネスコ・デザイン都市。旧市街は世界遺産に登録されています。歴史的文化遺産をただ守るのではなく、過去と現代をつなぐ大胆な仕掛けをすることによって欧州文化首都に選ばれ、現在はユネスコ・デザイン都市として都市の創造的価値を高めています。グラーツの都市戦略とは?

■日時:11月3日(金・祝)14:00〜17:00(13:30開場)

■会場:クリエイティブビジネススペース コード(名古屋市中区栄3-18-1ナディアパーク・デザインセンタービル4F)

■スピーカー:カール・シュトッカー(ヨアネウム応用科学大学教授)、エバハルト・シュレンプ(ユネスコ・デザイン都市グラーツ事業責任者)

■ゲスト:佐々木雅幸(同志社大学経済学部特別客員教授・文化庁地域文化創生本部主任研究官)

■お申込、詳細についてはこちらをご覧ください ↓

http://www.creative-nagoya.jp/event/yattokame-2017-01/

 

[2]ユネスコ・デザイン都市なごや × 名古屋芸術大学 連携事業

共感のデザイン|未来社会と食をデザインする

Designing with empathy to influence future societies for future food

 

昨年に続いて食とデザインをテーマにノルウェーのフードスタジオで活躍するスンナ・ヘルマンドッティルさんをお招きし、食とデザインを通じて人を巻き込みながら未来に向けた社会的課題を解決するプロジェクトについてお話しいただきます。

■日時:11月9日(木)18:30〜20:30(18:00開場)

■会場:クリエイティブビジネススペースコード(名古屋市中区栄3-18-1ナディアパーク・デザインセンタービル4F)

■定員:50名(事前申込不要)日英通訳あり

■ゲスト:Sunna Hermannsdttir スンナ・ヘルマンドッティル、

フードデザイナー/フードストラテジスト(ノルウェー/オスロ)

フードデザイン、サービスデザイン、デザインリサーチを専門分野とし、小規模の食ビジネス支援に特化したデジタルサービスFoodmrktを運営する他、Food Studioのメンバーとして食に関するワークショプ等を開催。フードデザインや共創に関するリサーチや論考も積極的に行うなどその活動は多岐に渡る。デンマーク・オールボー大学Center for Food Plus Designフェロー。

 

[3]ユネスコ・デザイン都市なごや × やっとかめ文化祭 連携特別企画②

グランドレベルとマイパブリック「趣味ではじめるまちづくり」

個人でもパブリックをつくることができる!老若男女、いろんな人が働く場所や生活する場で、そんな意識を少しでも高めることができれば、私たちのまちや住まいを、より楽しく考えるきっかけになる。全国へ展開中のワークショップ(レクチャー付き)を、あなたも体験してみませんか?

■日時:11月26日(日)14:00〜17:00(13:30開場)

■会場:川伊藤家(四間道、名古屋市西区那古野1-36-12)EndFragment

■スピーカー:田中元子、大西正紀(グランドレベル/mosaki)

■お申込、詳細についてはこちらをご覧ください ↓

http://www.creative-nagoya.jp/event/yattokame-2017-02/