【報告】日栄一真先生が「サウンドデザインフェスティバルin浜松」に出品しました(2017年12月9日、10日)

 

 芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の日栄一真先生(「サウンドリテラシー」)が、浜松市で開かれた「サウンドデザインフェスティバルin浜松2017」で、サウンドアート作品「ひかりレコード」を展示しました。

「サウンドデザインフェスティバル」は、「What is SOUND DESIGN?(サウンドデザインって何?)」をキーワードに、「疑問」を「好奇心」に変え、音に触れたり、音で遊んだりすることで、「音(サウンド)」の可能性を体感するサウンドデザインの祭典です。

■日時:2017年12月9日(土)・10日(日)の2日間

■場所:アクトシティ浜松展示イベントホール

■主催:ユネスコ音楽都市はままつ推進事業実行委員会/浜松市

 

「サウンドデザインフェスティバル」のウェブサイトはこちら↓

http://www.hcf.or.jp/sdf2017/