芸術教養領域が夢ナビライブに参加!茂登山清文先生が「教養学」について講義ライブ(2018年7月28日)

昨年度の夢ナビ会場の様子

(夢ナビライブ2017 デジタルパンフレットより)

夢ナビライブ2018は大阪・東京・名古屋・仙台・福岡の全国5会場で開催する国公立・ 私立大学が多数集結する合同進学ガイダンスです。

・講義ライブ(さまざまな専門分野の大学教授が行う30分のミニ講義)

・大学別相談ブース

・夢ナビトーク(学問の面白さが3分でわかるプレゼンテーション)

などなど、さまざまなイベントが同時に行われます。

自分が学びたい学問を発見し、そのイメージを明確にする。進学に関して気になることを担当者に直接質問する。大学の魅力について説明を受ける。その全てが1日でできる、大学進学希望者必須のイベントです。

 

夢ナビライブ名古屋

■日時:2018年7月28日(土) 10:30-17:00(10:00受付開始)

■会場:ポートメッセなごや 第3展示館(あおなみ線「金城ふ頭」駅より徒歩5分)

■入場:無料

詳しくは、夢ナビライブ名古屋ウェブサイトで↓

http://yumenavi.info/live/uketuke/kakunin/index_pc.aspx?p=nagoya

 

名古屋芸術大学 芸術教養領域 リベラルアーツコースは、この夢ナビライブに参加。茂登山清文先生(「視覚文化」ほか担当)が「教養学」について語ります。

概要(夢ナビライブパンフレットより):

教養学は、複雑化する現代社会のいろいろな問題に、長期的な視点にたって対応するために、さまざまな学問領域を横断的に研究し、人間や文化の解明をめざします。「教養学(芸術系)」は、アート、サブカルチャー、音楽、デザインに親しみ、理解を深め、クリエイティブな発想を身につける領域です。社会で広く活躍すべく、芸術に関わる豊かな知見とコミュニケーションの技術を獲得し、カタチにする力を養います。

 

◎ 講義ライブのラインナップは6月1日(金)夢ナビライブ名古屋ウェブサイトで公開予定!