茂登山清文先生が名古屋大学「学びの杜・学術コース」でワークショップ「写真文化を学ぶ、スマホで人を撮る」開催(2018年8月9日)

芸術教養領域リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか担当)が、名古屋大学 高大接続研究センター主催の「学びの杜・学術コース」で、講義・ワークショップ「写真文化を学ぶ、スマホで人を撮る」を担当します。

「学びの杜・学術コース」は、名古屋大学の学問研究の最前線で活躍する研究者たちが、高校生の皆さんを対象に、それぞれの学問領域における知の探究の成果や方法、スタイルなどについて、わかりやすく解説し、知の探究の愉しみと厳しさを体験してもらう講座です。

茂登山先生のワークショップは、シリーズ講座「視覚文化探求講座」の一環として行われます。

 

ワークショップ「写真文化を学ぶ、スマホで人を撮る」

■日時:2018年8月9日(木)13:00-15:30

■場所:名古屋大学情報文化学部SISスタジオ

■概要:スマホは思っている以上に写真撮影に使えます。200年になろうとする写真の文化を、人を撮るという視点から学び、発売してやっと10年で私たちのなくてはならないツールとなったスマホで人を撮ってみましょう。

 

詳しくはこちら↓

http://chet.educa.nagoya-u.ac.jp/?page_id=84

リーフレットはこちら↓

ダウンロード
学びの杜2018.pdf
PDFファイル 403.2 KB