【報告】アグニエスカ・ゴルダ氏 展覧会 アート&デザインセンターでオープニング(2018年10月12日)


芸術教養領域 リベラルアーツコースの茂登山清文先生と10年以上の研究交流があるアグニエスカ・ゴルダ(Agnieszka Golda)氏が、名古屋芸大のアート&デザインセンターで、マーティン・ジョンソン(Martin Johnson)氏とのコラボレーション展を開催します。

■日時:2018年10月12日(金)-17日(水) 12:30-18:00 (最終日 -17:00)

■会場:名古屋芸術大学 西キャンパス アート&デザインセンター

■アーティスト:

アグニエスカ・ゴルダ(オーストラリアウーロンゴン大学テキスタイル科講師)

アーティストとしてこれまで、オーストラリア、ポーランド、そして日本における民話や慣習などを調査し、過去、現在、未来の間や、あるいは人、自然、科学技術、 精神世界の間の複雑な関係性を探求する作品を制作。 日本文化にも興味を持ち、4回に渡って来日調査してきました。 今回、その成果を展示します。

■主催:デザイン領域テキスタイルデザインコース

展覧会のチラシはこちら↓

ダウンロード
Golda&Johnson展覧会.pdf
PDFファイル 1.5 MB


また、10月12日のオープニングでは、芸術教養領域の公開講座「リベラルアーツ×X」でも素敵な演奏を聴かせてくれた、音楽領域の植田光起さん(マリンバ)と深谷宣斗さん(パーカッション)がミニコンサートを開催し、展覧会の雰囲気を盛り上げてくれました!