過去のイベント(2019年度前半)

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


2019年度新入生ウエルカムパーティーを行いました(2019年4月2日)

2017年度からスタートした芸術教養領域リベラルアーツコースでは、この春、3回目の新入生を迎えました。

年々新入生の数が増えて、ますます賑やかで活気のあるコースになっています。

4月2日のオリエンテーション後には、新入生たちを歓迎するため、上級生がパーティーを開いてくれました♪

お菓子や軽食から会場のBGM、小道具まで、みんな2, 3年生が持ち寄り、精一杯新しい仲間を歓迎しました。新しく出会い、そしてこれから一緒に4年間を過ごす仲間たちと、和気あいあいの午後のひと時となりました。みんなちょっと緊張しながらの自己紹介もフレッシュ(^_^)

パーティーで意気投合して、終了後まで残ってゲームに興じるグループも・・・。楽しい大学生活のスタートが切れたことと思います。

4月8日(月)からは、いよいよ前期の授業が始まります。これから4年間の学びが実り多いものでありますように!



第7回 芸術教養領域公開講座「リベラルアーツ× X」にて、アニメプロデューサーの植田益朗さんが講演!(2019年5月11日)

芸術大学にとって、リベラルアーツ(教養)とは、なんなのでしょう。「音楽」や「幾何」が、古代から中世を通して自由七学芸に位置づけられていることを踏まえるなら、芸術はリベラルアーツの重要な一部でした。そして今もそうであるとの思いから、芸術教養領域では、今日のリベラルアーツをあらためて問うべく、2017年度からシリーズ公開講座「リベラルアーツ x X」(リベラルアーツかけるエックス) を開催しています。教養と何か (X) をつなぐ、教養を何かで読み解く、あるいは何かをもって教養に切り込む、そんな試みです。各界で活躍する方を講師にお招きし、それぞれの分野・テーマを教養とかけあわせてみるとき、そこには何が生まれてくるでしょうか。

第7回目となる今回は、名古屋芸術大学を会場として、アニメプロデューサーの植田益朗氏に講演いただきました!

 

植田益朗氏 公開講座 リベラルアーツ × アニメ

「未来のリハーサル  アニメの企画・プロデュース

世界的デザイナー  シド・ミードとの邂逅」

■日時:2019年5月11日(土)15:00-17:00

■会場:名古屋芸術大学 西キャンパス B棟2階大講義室

■アクセス:

名鉄犬山線「徳重・名古屋芸大」より西に徒歩約15分 

■主催:名古屋芸術大学
■企画:名古屋芸術大学 芸術教養領域、リベラルアーツ総合研究所

■入場:無料、予約不要

■問い合わせ:
リベラルアーツインフォメーションセンター
Tel & Fax: 0568-22-0123
Email: nua_la@nua.ac.jp
https://www.nua-la.jp

■植田益朗(ウエダマスオ)氏 略歴

1955年、東京生まれ。『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』『銀河漂流バイファム』『シティーハンター』『黒執事』『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』『ソードアート・オンライン』など、アニメ業界で数々のヒット作を手がけたアニメプロデューサー。

サンライズ、フリーランスを経てアニプレックス立ち上げ時に制作統括として参画。その後、A-1 Pictures社長、アニプレックス社長・会長を歴任。現在は株式会社スカイフォール代表取締役。

アニメ関係の豪華ゲストを招き、熱いトークで盛り上がるトーク番組「植田益朗のアニメ!マスマスホガラカ」も絶好調。

『ブレードランナー』の世界観をデザインした鬼才シド・ミードの個展も主催。

「シド・ミード展PROGRESSIONS TYO 2019」

2019年4月27日(土)-5月19日(日) 東京・アーツ千代田3331

 

公開講座のチラシはこちらからダウンロードできます↓

ダウンロード
芸術教養領域公開講座04.pdf
PDFファイル 523.4 KB


茂登山清文先生が2km GELLERYでの長尾浩幸展でギャラリートーク「見えるものと見えないもの」(2019年5月18日)

滋賀県の2km GALLERYで、長尾浩幸展「書物の化身」が開かれます。

会期中の5月18日には、芸術教養領域リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか担当)が長尾さんと共に「見えるものと見えないもの」のタイトルでギャラリートークを行いました。

 

長尾浩幸展「書物の化身」

■会期:2019年5月4日(土)-26日(日) 12:00-19:00 *月-水休館

■オープニングレセプション 5月4日(土) 17:00-

 

ギャラリートーク「見えるものと見えないもの」

■日時:2019年5月18日(土) 16:00-18:00

■茂登山清文(名古屋芸術大学 芸術教養領域)× 長尾浩幸

 

■会場:2km GALLERY

〒520-0053 滋賀県大津市音羽台3-29-1

JR東海道線「大津駅」南口より徒歩5分

京阪京津線「上栄町駅」より東南へ徒歩8分

 

詳しくはこちら↓

http://2kwgallery.com/2kwGal_crrnt.html 


リベラルアーツ総合研究所「教養と芸術」第6回研究会「食文化のグローバル化と国民文化のポストナショナル化──中国上海における寿司業の登場・発展を事例に」開催(2019年5月22日)

名古屋芸術大学 芸術教養領域の研究部門として併設されたリベラルアーツ総合研究所は、教養と芸術について学際的な視点から、社会との接点を自覚しつつ、ひろく研究を進めます。

今日の教養とは何か? 教養が語るべき事項であるとしたら、それはどのような意味においてか? その補助線として(広義の)芸術を想定できるのか? 等々といった、教養と芸術に関する諸課題を、具体的な事象を通して議論します。

その研究成果を発表する「教養と芸術」研究会。第6回は食文化のグローバル化をテーマに開催しました。

第6回「教養と芸術」研究会

王昊凡氏(名古屋芸術大学 芸術教養領域 助手)
「食文化のグローバル化と国民文化のポストナショナル化──中国上海における寿司業の登場・発展を事例に」

 

■要旨

 本報告ではまず、報告者の博士論文「食産業のグローバル化とフレキシビリティ──中国・上海における寿司業の現地化と技能・労働力形成」の概要に触れつつ、日本国外において寿司業がいかにして登場・発展し得たかについて述べる。マクドナルドのような大規模チェーン組織の展開と異なり、寿司文化のグローバル化は中小規模個別経営店の増加を背景とする。報告の前半では、そのようなかたちとして寿司業が現地にて登場・発展し得たのは、全過程的技能を身に着けた労働者の養成が可能だったことと関連すると指摘する。

 ところで食文化は、特定の国民国家の「ナショナルカルチャー」となっている場合がある。そのような食文化が国境を超えた場合、内包する「ナショナルな要素」はいかなる変容を遂げるのだろうか。この点に着目するならば、グローバル化に関する文化現象は、ナショナリズム論と接合する。報告の後半では、国民文化のポストナショナル化について寿司文化を事例に試論を展開する。

 

■日時:2019年5月22日[水]17:30-19:00

■会場:テラッセ納屋橋 名古屋芸術大学地域交流センター

■アクセス:名古屋市営地下鉄 東山線・鶴舞線「伏見駅」7番出口西へ徒歩約7分 テラッセ納屋橋3階

■主催:名古屋芸術大学リベラルアーツ総合研究所
■参加:無料ですが、参加する旨、下記Eメールに連絡ください
■問い合わせ:名古屋芸術大学芸術教養領域インフォメーションセンター 0568 22 0123/nua_la@nua.ac.jp

 

過去の研究会については、こちらをご覧ください



第8回 芸術教養領域公開講座「リベラルアーツ× X」にて、小森はるか+瀬尾夏美 氏の講演「リベラルアーツ×震災×協働」(2019年6月30日)

芸術大学にとって、リベラルアーツ(教養)とは、なんなのでしょう。「音楽」や「幾何」が、古代から中世を通して自由七学芸に位置づけられていることを踏まえるなら、芸術はリベラルアーツの重要な一部でした。そして今もそうであるとの思いから、芸術教養領域では、今日のリベラルアーツをあらためて問うべく、2017年度からシリーズ公開講座「リベラルアーツ x X」(リベラルアーツかけるエックス) を開催しています。教養と何か (X) をつなぐ、教養を何かで読み解く、あるいは何かをもって教養に切り込む、そんな試みです。各界で活躍する方を講師にお招きし、それぞれの分野・テーマを教養とかけあわせてみるとき、そこには何が生まれてくるでしょうか。

 

第8回目となる今回は、アーティストユニット 小森はるか+瀬尾夏美 氏に講演いただきました。同時に、お二人の映像作品「二重のまち/交代地のうたを編む」も上映しました。

 

小森はるか+瀬尾夏美 公開講座「リベラルアーツ × 震災 × 協働

■日時:2019年6月30日(日)15:00-18:30

■会場:アートラボあいち

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目4-13 愛知県庁大津橋分室2階-3階
Tel & Fax: 052-961-6633
Email: ala@aichitriennale.jp

http://aichitriennale.jp/ala/index.html

■アクセス:

地下鉄名城線「市役所」4番出口より徒歩5分
地下鉄桜通線・名城線「久屋大通」1番出口より徒歩8分

■主催:名古屋芸術大学、あいちトリエンナーレ実行委員会
■企画:名古屋芸術大学 芸術教養領域、リベラルアーツ総合研究所

■入場:無料、予約不要

■問い合わせ:

リベラルアーツインフォメーションセンター
Tel & Fax: 0568-22-0123
Email: nua_la@nua.ac.jp
https://www.nua-la.jp

■小森はるか+瀬尾夏美

映像作家の小森と画家で作家の瀬尾によるアーティストユニット。2011年3月、ともに東北沿岸へボランティアに行ったことをきっかけにして活動開始。2012年より3年間、岩手県陸前高田市に暮らしながら制作に取り組む。2015年、東北各地で活動する仲間とともに、土地と協働しながら記録をつくる組織、一般社団法人NOOK(のおく)を設立し、仙台に拠点を移す。現在も陸前高田での制作と対話の場づくりを活動の軸にしながら、全国各地へ赴き巡回展を開催。

 

■「二重のまち/交代地のうたを編む」

2019年/80分予定/小森はるか+瀬尾夏美

新しいまちの姿が見え始め、かつてのまちの面影が徐々に遠ざかりつつある陸前高田で行った、まちの人たちと遠くの土地からやってきた旅人が出会い、会話を重ね、風景を共有するための仮設的な場をつくるプロジェクト。旅人たちはこの土地で編まれた物語「二重のまち」の朗読を通じて、15日間の滞在で見聞きし、思考したことを発話しようと試みる。ちいさな”継承”の始まりを記録した映像作品。

 

これまで開催の「リベラルアーツ × X」については、こちらをご覧ください。

 

第8回「リベラルアーツ × X」のチラシは、こちらからダウンロードできます↓

ダウンロード
リベラルアーツ×X 第8回.pdf
PDFファイル 1.3 MB


リベラルアーツコース7月のオープンキャンパス開催!(2019年7月7日)

相談コーナー

カフェコーナー


名古屋芸術大学 芸術教養領域 リベラルアーツコースでは、大学の雰囲気を体験してもらい、入試や入学後のカリキュラムについての疑問にお答えするため、7・8・3月にオープンキャンパスを開催します。

2019年度7月のオープンキャンパスでは、下記のワークショップや相談コーナーを開催しました。遊びに来てくださったみなさま、ありがとうございました (^_^)♪

 

■日時:2019年7月7日(日) 10:00-16:00

■場所:名古屋芸術大学 東キャンパス *芸術教養レビュー鑑賞のみ、西キャンパス

 

「眼で見る詩を描こう」11:15-12:30【東キャンパス LAC(3号館前はなれ)】

日ごろ買ったり、見たり読んだりしている雑誌から、イメージや文字をを切り抜いて、組み合わせ、眼で見る詩を描きました。自分の世界を表現したり、絵で何かを説明したり。みなさま思い思いの作品ができました。

「動物の声からスマホの通知音をつくってみよう」14:00-15:30【東キャンパス1号館5階 505教室】

スマートフォンの通知音をつくるワークショップでは、なんと動物の鳴き声と電子音をミックスしデジタル処理して、ユニークな通知音をつくりました!制作に先立ち、動物の音声やその機能、動物の聴覚の種差など、動物の鳴き声に関するレクチャーと、音の基礎知識とデジタル音声処理についてのレクチャーも聴けました。

参加のみなさまがつくった通知音を、こちらから聴くことができます↓

http://k303.heteml.net/190707-OC/

「相談コーナー」10:30-16:00 随時【東キャンパス2号館ロビー】

相談コーナー、進路のこと、入学後のカリキュラムのこと、なんでも気軽に相談いただきました。領域の教員はもちろん、「学生相談コーナー」で先輩学生にアドバイスをもらったり。カフェのようなおしゃれな空間で、リラックスして話が弾みました♪

「芸術教養レビュー」第2回展 10:30-16:00 随時【西キャンパス A&Dセンター】 

芸術教養領域の1-3年生が実技などの授業でつくった作品を鑑賞いただきました。大学でどんな授業を受けてるのか、どんな活動ができるのか、いち早く覗いていただけたでしょうか。

 

これまでのオープンキャンパスの様子と、今後の日程については、こちらをごらんください

「眼で見る詩を書こう」

「動物の声からスマホの通知音をつくってみよう」



「芸術教養レビュー」第2回展(2019年7月5日-10日)

2017年度にスタートした芸術教養領域リベラ ルアーツコース。「芸術教養レビュー」第2回展 では、コースの1期生である3年生が、卒業研 究に向けた方針をパネルでプレゼンテーショ ン。2年生は、コースでの15ヶ月の学びを紹介します。ほかにも、実技作品や演習・講義の成果を展示。これまでの学びの集大成としました。1年生も実技作品で参加しました。 

 

「 芸 術 教 養 レ ビ ュ ー 」第 2 回 展 

■主催:名古屋芸術大学 芸術学部芸術教養領域

■会場:名古屋芸術大学 アート&デサインセンター

■会期:2019年7月5日[金]-10日[水]12時15分-18時

*7日[日]は10-16時、最終日は17時まで)

■問い合わせ:0568 22 0123 / nua_la@nua.ac.jp 



茂登山清文先生が「中川運河×アートで彩るまちづくり」で講演会(2019年7月20日)

 

中川運河の魅力をアートで高めることを目指す助成制度ARToC10。7年目を迎える今年は、芸術教養領域リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか担当)が、「水辺・アート・まちづくり」をキーワードにした講演会「中川運河×アートで彩るまちづくり」を行いました。

また、他にも様々なアートプログラムが開催され、芸術教養領域(「サウンドリテラシー」担当)、デザイン領域 非常勤講師の日栄一真先生企画のイベント「マグネシウム電池で光る電子植物づくり」も行われました。

 

講演会「中川運河×アートで彩るまちづくり」

■日時:2019年7月20日(土) 14:30-16:30(14:00受付開始)

■講師:茂登山 清文 氏

名古屋芸術大学芸術学部 芸術教養領域  教授

中川運河再生文化芸術活動助成選考委員

■会場:名古屋都市センター11階ホール

 

ワークショップ:マグネシウム電池で光る電子植物づくり

■日時:2019年7月23日(火) ①10:30-11:30  ②14:00-15:00

■会場:名古屋都市センター11階ホール

■対象:小学3年生以上

■参加費:500円

■お問い合わせ・申し込み:ページ下部のボタンからチラシをダウンロードください。

 

チラシはこちらからダウンロードください↓

ダウンロード
中川運河 × アート.pdf
PDFファイル 838.5 KB


リベラルアーツコース8月のオープンキャンパス開催!(2019年8月17日)

芸術教養領域  説明会

相談コーナー


カフェコーナー


名古屋芸術大学 芸術教養領域 リベラルアーツコースでは、大学の雰囲気を体験してもらい、入試や入学後のカリキュラムについての疑問にお答えするため、7・8・3月にオープンキャンパスを開催しています。

2019年度8月のオープンキャンパスでは、説明会、相談コーナー、模擬授業やワークショップを開催しました。遊びに来てくださったみなさま、ありがとうございました (^_^)♪

■日時:2019年8月17日(土) 10:00-16:00

■場所:名古屋芸術大学 東キャンパス *芸術教養レビュー選抜展のみ西キャンパスで開催

 

■ 相談コーナー 11:00-12:30, 14:00-16:00 随時【東キャンパス2号館ロビー】

入試のこと、入学後のカリキュラムのこと、気軽にご相談いただきました。領域の教職員はもちろん、先輩学生にアドバイスをもらったり、学内を案内してもらったり。すっかり大学の雰囲気に打ち解けてもらえたようです。併設のカフェコーナーでは、先輩学生がおしゃれでおいしい飲み物でおもてなし♪

【模擬授業】探してみよう、絵本の中のいたずら11:15-12:30【東キャンパス LAC(3号館前はなれ)】

絵本の絵には、いろいろな「いたずら」が仕掛けられています。名もないキャラクターが描き込まれていたり、動かないはずの背景が変わっていったり…。そんないたずらを探すクイズに挑戦しながら、絵本には、文によるストーリー以外にも楽しみがたくさんあることを学び、ビジュアルリテラシーの基礎としました。みなさん真剣に探してくれてありがとう!

【ワークショップ】"ビジュアル"缶バッヂ 14:00-15:30【東キャンパス LAC(3号館前はなれ)

お気に入りのものを撮影したり、イラストを描いたり。自分の作品を使って、自分だけのオリジナルな缶バッヂを作りました。みなさん良い記念になったでしょうか?

「芸術教養レビュー」第2回 展選抜展 10:00-15:45 随時【西キャンパス B棟1階 (学食向かい)】 

芸術教養領域の1-3年生が実技などの授業でつくった作品の中から、選抜された作品を展示。大学でどんな授業を受けているのか、どんな活動ができるのか、いち早く覗いていただきました。同時に芸術教養領域の紹介コーナーも設け、アートと教養を幅広く学ぶ領域の特色について、パネルで分かりやすく説明しました。

 

これまでのオープンキャンパスの様子と、今後の日程については、こちらをごらんください

「探してみよう、絵本の中のいたずら」


「"ビジュアル”缶バッヂ」


「芸術教養レビュー」選抜展



「芸術教養レビュー」選抜展 オープンキャンパスと同時開催!(2019年8月17日)

 

2019年7月5日-10日に開かれた「芸術教養レビュー」第2回展。その選抜展を、8月17日のオープンキャンパスに合わせて開催しました。

コースの1期生である3年生が卒業研究に向けた方針をプレゼンテーションしたパネル展示を中心に、芸術教養領域の1-3年生が実技などの授業でつくった作品の中から、選ばれた作品をご鑑賞いただきました。

 

「 芸 術 教 養 レ ビ ュ ー 」選抜展 

■会場:名古屋芸術大学 西キャンパスB棟1階セントラル画材跡地(学食向かい)

■日時:2019年8月17日[土] 10:00-16:00

■主催:名古屋芸術大学 芸術学部芸術教養領域

■問い合わせ:0568 22 0123 / nua_la@nua.ac.jp 



港まちエリアでアーティストやデザイナーの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5」を開催(2019年6月22日-8月24日)

 

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

今回、Minatomachi POTLUCK BUILDING 3Fで6-8月の2ヶ月間、港まちエリアでアーティストやデザイナーの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5」を開催。5回目となる今回、アーティストやデザイナー、3名が港まちに滞在します。普段見ることのできない制作現場や滞在中に制作された作品などを公開するオープンスタジオ、トークイベント、ワークショップなどを開催しました。

 

MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.5

■開催日:2019年6月22日(土)-8月24日(土)

■会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F: Exhibition Space

■企画:Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]

■主催:港まちづくり協議会

■参加作家

青崎伸孝 / Nobutaka Aozaki(アーティスト)

阿部航太 / Kota Abe(デザイナー、文化人類学専攻)

蓮沼昌宏 / Masahiro Hasunuma(アーティスト、記録写真家)

 

スタジオ滞在期間:2019年6月22日(土)-7月26日(金)

■公開日:スタジオ滞在期間中の金曜、土曜

*公開日以外は非公開です

■公開時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■入場:無料

 

オープンスタジオ期間:2019年7月27日(土)-8月24日(土)

■時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)

■休館日:日曜、月曜

■入場:無料

オープンスタジオ期間にトークイベントやワークショップを開催します。詳しくはこちら

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)



港まちポットラックビルで、み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクト「まちが語る」展開催(2019年6月22日-8月24日)

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」担当)が参加している港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

「まちが語る│telling our story」展は、港まちに暮らす人々のお話から、現代の都市が「まちづくり」に向かうことの意味を問い直す「み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクト」の第四弾です。

伊勢湾台風から60年を迎えた今年。港まちの人々はどのように歴史的な大災害を乗り越えたのか。当時のエピソードと資料や品々を展示し、生きるための知恵や技術を学びます。また、港まちならではと言える、港湾労働者が使った荷車(猫車)や懐かしい水桶などをエピソードとともに展示しました。

 

まちが語る│telling our story

■期間:2019年6月22日(土)- 8月24日(土)  

    11:00-19:00(入場は閉館時間の30分前まで)

■休館日:日曜・月曜・祝日

※ 6月26日[水]、7月10日[水]、7月24日[水](いずれも午前中)は別事業のため、展示をご覧いただけるのは13:00からとなります。

■会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F: Project Space

■入場:無料

■主催:港まちづくり協議会

■協力:名古屋海洋博物館

■資料提供:名古屋市博物館、名古屋市、名古屋海洋博物館

 

関連イベント

伊勢湾台風60年企画 ! 港まちの人々の経験から、 生きる力を学ぶワークショップを開催

 

伊勢湾台風と港まち。かわら版新聞づくりツアー

港まちづくり協議会では、外の視点で見たまちの面白さを発見・発信する『ポットラック新聞 かわら版』を毎月発行しています。今回は、その編集部員たちと一緒にまちを巡り、伊勢湾台風経験者にお話を伺い、心に残ったことを文章にして『かわら版』の特別版を作成しました。

■日時:7月27(土) 13:00-16:00 

■ガイド:ポットラック新聞かわら版チーム

■定員:20名程度(親子での参加歓迎!) 

■参加費:無料(名古屋海洋博物館の入場料が別途必要)

 

記憶の記録を音読してみよう!

港まちに関するエピソードを声に出して読んでみます。その中には、伊勢湾台風を生きのびた人々の知恵と知識が詰まっています。声に出した言葉は記憶に残りやすいと言い、脳の活性化にもなるそうですが、防災面でもその力を発揮するかもしれません。

■日時:7月28日(日) 10:00-12:00

■講師:まちの語り手 西川みどりさん

■定員:5名程度

■参加費:無料

【要予約 7/25(木)まで】

 

いらんもの、あげます(会場にて常時開催)

アーカイブプロジェクトを通して集まってくる、器や古道具などの「いらんもの」。かわいくて味わい深い逸品を、エピソードつきでおすそわけしました。

 

詳しくはこちら:http://www.minnatomachi.jp/event/tsukuru/367

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)