2020年度 芸術教養領域 特別客員教授にいとうせいこう氏!

名古屋芸術大学 芸術教養領域では、毎年各界で活躍する方々を特別客員教授としてお招きし、講義や公開講座を行なっていただいています。

今年度は、いとうせいこう氏にご就任いただきました!

10月1日には、本学で公開講座「リベラルアーツ×X」第12回「教養×想像力」も行なっていただく予定です。

 

いとうせいこう氏 プロフィール

1961年生まれ、東京都出身。

1988年に小説『ノーライフ・キング』でデビュー。

1999年、『ボタニカル・ライフ』で第15回講談社エッセイ賞受賞、『想像ラジオ』で第35回野間文芸新人賞受賞、近著に『「国境なき医師団」になろう!』『ラブという薬』『自由というサプリ』『ど忘れ書道』などがある。

音楽活動においては、日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめ、日本語ラップの先駆者の一人である。現在は、ロロロ(クチロロ)、いとうせいこう is the poetで活動。

テレビのレギュラー出演に、「ビットワールド」(Eテレ)、「フリースタイルティーチャー」(テレビ朝日)、「トウキョウもっと!2元気計画研究所」(TOKYO MX)、「新テレビ見仏記」(関西テレビ)などがある。