秋庭先生と江坂先生らが、堀川沿いの現代アートイベント「ストリーミング・ヘリテージ」をディレクション(2021年3月12-28日)

名古屋城から納屋橋周辺エリア、熱田の宮の渡しエリアまでの堀川沿いを舞台にした新しい現代アートイベント「ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだ」が3月12-28日(期間中の金・土・日)に開催されます。

 「なごや日本博事業実行委員会」主催のこのアートイベントに、芸術教養領域の秋庭史典先生(「芸術と科学」担当)と江坂恵里子先生(「マーケティング」担当)らがディレクターとして参加。

 名古屋台地と熱田台地のへりには、文化資源や観光資源がたくさんあります。名古屋城から納屋橋を経て熱田の宮の渡し、さらには名古屋港まで。これらの資源をひと続きに結んでいる、堀川の流れ[stream]に光をあて、名古屋の歴史・文化遺産[heritage]をリアルタイムに再生[streaming]する、新たな現代アートイベントです。

 同イベントは「令和2年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業」に愛知県で唯一採択され、文化庁から助成が行われています。参加アーティストは後日、発表します。

 

詳しくはこちら:

https://www.aichi-now.jp/spots/detail/3322/

また、このイベントについては名駅経済新聞でも取り上げられました:

https://meieki.keizai.biz/headline/2969/