港まち Assembridge Nagoya のドキュメントブックに芸術教養の先生方が寄稿

名古屋の港まちでは、芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生が参加する港まちづくり協議会が、さまざまなイベントやプロジェクトを行っています。その一つとして、毎年、音楽と現代アートのフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」を開催しています。

このたび、2020年10月24日から12月13日にかけて行われた アッセンブリッジ・ナゴヤ2020 の活動をまとめたドキュメントブックが完成。音楽、アート、サウンドブリッジ、各部門のプログラムや展示の様子、レビューなどを豊富な写真とともに収録しました。

このドキュメントブックに、芸術教養領域の以下の先生方が記事を寄稿しました:

・秋庭史典先生(「芸術と科学」担当)

・酒井健宏先生(「ムービー制作」など担当)

・服部浩之先生(「芸術と社会」担当)

・古橋敬一先生(「地域文化論」担当)

 

 ドキュメントブックの内容は、アッセンブリッジ・ナゴヤ2020のアーカイブ・サイトでもご覧いただけます↓

http://assembridge.nagoya/2020/archive.html