芸術教養レビュー選抜展開催!4/22-5/11


『芸術教養領域 2021年度レビュー選抜展』

会期:4/22(金)-5/11(水) *休館:4/28-5/5, 日曜日

会場:Art&Design Center East(名古屋芸術大学 東キャンパス)

 

 

2021年度におこなった芸術教養領域での学びを振り返る「レビュー展」より、優秀展示を選抜し、紹介します。

3学年それぞれから選抜された、分野もさまざまな展示をお楽しみください。

 

 

ダウンロード
芸術教養レビュー選抜展2022ポスター
松村淳子先生デザイン
ReviewS2022.pdf
PDFファイル 576.9 KB

(展覧会あいさつ文)

 今年の2月末から、ウクライナにいる人々の手により、連日、動画や写真がSNS等をつうじて他国に配信され、戦争報道の形が大きく変わってきた、と論じられています。中央集権的なマスメディアから、個々の発信へ。TwitterやInstagramなどWEB2.0のプラットフォームを使ってはいるものの、WEB3.0の到来を予感させる動きです。この流れは今後も変わらないでしょう。芸術教養領域はアートを含む教養を身につけ、社会の大きな変化に柔軟な発想力で対応し、自分と地域社会のために生きられる人を育てます。

 その一環として、学生が自身の学びをふりかえる(review)ための「芸術教養レビュー1」、「芸術教養レビュー2」という授業を設けています。パネルを中心とした作品制作をとおして、これまで学んだことを整理し、自身の成長を確かめると同時に、鑑賞者へ伝わりやすく理解を促せるような情報デザインと展示をプランニングします。また、そのプロセスをつうじて、グループワークやプレゼンテーションなどの力を涵養することが目的です。

 2021(R3)年度の9月(1・2年生)と1月(3年生)、学生たちはみずからのプランにもとづき、展示パネル等の作品制作にくわえ、搬入出と展覧会の運営をこなしました。1年生は大学入学前までの振り返りのパネルに加え、他の授業で制作した楽曲や自身を表現するビジュアルボックスを展示しました。2年生は「自分にとっての芸術教養」と「授業を振り返るパネル」を中心に制作しました。3年生は、個人展示以外に、展覧会全体をデザインした企画班による統括的な展示、そして授業「身体と言葉の表現」の受講生たちによる成果展示、授業「ムービー制作」で受講生が共同制作した映像作品3本の展示がありました。

 以上の学生たちが自身を的確に振り返り、今後を見すえた佳作が多数あるなかから、特に優れたものをここに展示します。

 ご来場くださった皆様におかれましても、長期化しているコロナ禍、戦争の影などの世界を懸命に生きていく力を蓄えつつある学生たちの作品から何かを得てくだされば望外の喜びです。

 

 

芸術教養領域教員一同